タグ別アーカイブ: 那珂湊駅

列車のなかで列車のお話?読み聞かせ列車3710としょかん号

平成29年2月11日、ひたちなか海浜鉄道那珂湊駅で、ひたちなか海浜鉄道(株)とのコラボレーション企画による読み聞かせイベント「読み聞かせ列車3710(みなと)としょかん号」(主催:那珂湊図書館)が行われました。

同イベントは、図書館を飛び出して読み聞かせを行おうと未就学児を対象に企画されたもので、今年で3回目。40組約80人の親子が参加しました。

バレンタイン列車の飾り付けがされた車内では、おなじみの昔話や電車をモチーフにしたお話など読み聞かせボランティアグループ「おはなしのドア」のみなさんによる読み聞かせや、那珂湊中・勝田一中美術部も制作に参加した大型手作り紙芝居「華蔵院のネコ」を楽しんでいました。

ひたちなか海浜鉄道開業8周年記念祭

DSC_2076
那珂湊駅は溢れんばかりの人で賑わいました

平成28年5月15日、ひたちなか海浜鉄道開業8周年記念祭(主催:ひたちなか海浜鉄道(株)、湊鉄道対策協議会)が、沿線各地で開催されました。

メイン会場の那珂湊駅ではステージイベントや鉄道写真展、鉄道グッズやご当地グルメの販売などが行われるなど、多くの鉄道ファンや家族連れで賑わいました。

吉田千秋社長は「今年は年間乗車数100万人を達成し、延伸へとつなげていきたい」と力強く話していました。

那珂湊駅前にイルミネーションが点灯

2015駅前ライトアップ事業

駅前イルミネーション・オープニング・セレモニー

【那珂湊駅前】

  • 点灯時間:午後4時30分〜午前0時
  • 点灯期間:平成28年1月11日まで

 

「はじまりのひかり」PVが公開されました

このたび、いばキラTV開局2周年記念として制作された「はじまりのひかり」のプロモーションビデオ(PV)が完成しました。

PVは、曲に合わせて茨城県内全44市町村を舞台として県民にダンスを踊ってもらい、その模様を映像化したもので、ひたちなか市のパートは平成27年2月9日に、ひたちなか海浜鉄道那珂湊駅で撮影されました。

【出演団体】

読み聞かせ列車3710図書館号、出発進行!

_2111484
3710図書館号には20組50人が乗車しました

平成27年2月11日、ひたちなか海浜鉄道那珂湊駅で、未就学児を対象とした読み聞かせイベント「読み聞かせ列車3710(みなと)としょかん号」(主催:那珂湊図書館)が行われました。

同イベントは、図書館を飛び出して読み聞かせを行おうと企画し、ひたちなか海浜鉄道(株)とのコラボレーションで開催されたもので、初めての試み。

読み聞かせは、月一回那珂湊図書館で読み聞かせをしている「おはなしのドア」(代表:軍司郁)のみなさんが、「でんしゃにのって」「泣いたあかおに」などの読み聞かせを披露し、子どもたちは、身を乗り出したり、目を輝かせたりしながら聞き入っていました。

【おはなしのドア】

平成9年から活動を始め、月1回の那珂湊図書館での読み聞かせのほか、小学校や福祉施設で活動している。メンバーは15人。

「はじまりのひかり」PVの収録

_1000684
那珂湊駅のプラットホームで撮影が行われました

曲に合わせて茨城県内全44市町村を舞台として県民にダンスを踊ってもらい、その模様を映像化するプロモーションビデオ(PV)の収録が、平成27年2月9日、ひたちなか海浜鉄道那珂湊駅で行われました。

PVは、平成24年10月に茨城県が開設したインターネットテレビ「いばキラTV(ティービー)」の開設2周年を記念してオリジナルテーマ曲「はじまりのひかり」が完成したことから制作しているもので、ひたちなか市のパート収録には、一般公募で参加した市民や、茨城県立那珂湊高等学校の”みなとちゃん”ほか21人が参加しました。

_1000719
出演者で記念撮影

那珂湊駅のプラットホームで撮影されたPVは、平成27年3月にいばキラTVで公開される予定です。

【出演団体】


湊線開業100周年記念式典と新駅の名称発表

新駅の名称を発表するひたちなか海浜鉄道社長吉田千秋氏(左)と本間源基ひたちなか市長
新駅の名称を発表するひたちなか海浜鉄道社長吉田千秋氏(左)と本間源基ひたちなか市長

平成25年12月15日、ひたちなか海浜鉄道那珂湊駅で湊線開業100周年記念式典が開催されました。

同式典において、平成26年10月開設予定の新しい駅の名称発表がありました。

新駅名は「高田の鉄橋」駅。

この名称は、新駅が設置される周辺がかつて「高田」と呼ばれていたことから命名されたとのことです。

※命名の由来について誤りがありましたので、記事を修正しました。(2013/12/16)