タグ別アーカイブ: 笠松運動公園

茨城国体リハ大会 陸上競技開催

第91回関東陸上競技選手権大会日本陸上競技選手権大会関東地区予選会(茨城国体リハ大会)が、平成30年8月24日から26日にかけて、笠松運動公園陸上競技場で開催されました。

この大会は、関東7県の予選会を勝ち抜いた2千名を超える選手が、男子22種目、女子22種目、男女合わせて44種目に、関東の覇権争いを演じる傍ら,来年の日本陸上競技選手権大会の出場権を懸けての大会でもあります。

大会3日目の26日は、男子110mハードル、女子100mハードル、男女5000m、男女走高跳決勝などが行われ、30度を超える炎天下、選手たちが日頃の鍛錬の成果を競っていました。

大会結果は一般財団法人茨城陸上競技協会のホームページをご覧ください。

広告

美しい飛込に会場沸く

高さ10mからの飛込は大迫力!

第48回関東選手権飛込競技大会」(茨城国体リハーサル大会)が、平成30年6月30日と7月1日の二日間、笠松運動公園屋内水泳プールで開催されました。

同大会は日本選手権の予選会と国民体育大会の選考大会も兼ねたハイレベルな大会で、一瞬の間に繰り広げられる多彩な技や美しい入水に大きな拍手が送られていました。

美しい水中演技で観客を魅了

茨城県内のチーム「ジョイフルアスレティッククラブ」のテクニカルルーティン

日本アーティスティックスイミングチャレンジカップ2018 茨城県予選・関東予選」(茨城国体リハーサル大会)が、平成30年6月24日、笠松運動公園屋内水泳プールで開催されました。

同大会では、中学生からシニアまでの100人を超える選手が出場し、華やかな演技と、豊かな表現力で会場を沸かせました。