タグ別アーカイブ: 新はしご消防車

最新鋭!新はしご消防車を導入

高層階での救助を想定した訓練

高層マンションでの火災や救助に対応するため、ひたちなか・東海広域事務組合は、35m級先端屈折式はしご消防車を導入し、平成29年5月15日、笹野消防署で披露式を行いました。

新しいはしご消防車は、高層マンションのベランダからスムーズに救助ができるよう先端が屈折するのが特徴で、高所だけでなく、川で溺れた人など低地への救助にも活躍します。

また、リモコンによる自動放水機能や、はしご車の動作を記憶して自動運転できるメモリー機能などを兼ね備え、これまで作業が困難だった場所での活動や、消防活動の効率化・迅速化が期待されます。