タグ別アーカイブ: 少年の主張大会

中学生が自分の想いを堂々発表

「あいさつは人と人をつなぐ架け橋。恥ずかしがったり、面倒臭がったりしないですることで、気持ち良い関係を築けます」とあいさつ4カ条とともに発表した勝田三中の中根さん

「平成29年度ひたちなか市少年の主張大会」(主催:ひたちなか市コミュニティ組織連絡協議会)が、平成29年7 月13日、ひたちなか市文化会館で行われました。

同大会は、中学生が日頃感じていることを社会に訴えたり、これからの人生への希望を発表することで、自分の生き方を見つめ直すきっかけにしてもらおうと開催されています。

市内9中学校から選出された12人は、大勢の観客の前で自らの主張を堂々と発表し、会場に深い感動を与えていました。

アトラクションとして、田彦中吹奏楽部が手話を交えた合唱や群読、演奏を披露

【発表者】

  • 大力将吾(田彦中)「利便性に走る世界の反比例」
  • 堀川佳那子(那珂湊中)「忘れてはいけない日」
  • 根本彩奈(平磯中)「『無知の悪魔』にならないで」
  • 迫田奈々子(勝田二中)「新たな扉を開く」
  • 芳賀小春(大島中)「難しい問題」
  • 照沼悠生(那珂湊中)「夢中になれるもの」
  • 中根穂乃花(勝田三中)「あいさつ」
  • 黒澤可凛(阿字ケ浦中)「英語でつながる世界と私」
  • 圓谷夏音(勝田一中)「江戸が教えてくれたこと」
  • 片田ふわり(佐野中)「好きと嫌い」
  • 太田来海(大島中)「心を繋ぐ日本の文化」
  • 大内香凜(田彦中)「おなじ命だから」
広告

平成28年度ひたちなか市少年の主張大会

自分の夢について発表する大島中の岩本蒼一さん
自分の夢を堂々と発表する大島中の岩本蒼一さん

平成28年7 月14日、「平成28年度ひたちなか市少年の主張大会」(主催:ひたちなか市コミュニティ組織連絡協議会)がひたちなか市文化会館で開かれました。

同大会は、中学生が日頃感じていることを社会に訴えたり、これからの人生への希望を発表することで、自分の生き方を見つめなおすきっかけにしてもらおうと開催されているもので、今年は大島コミセン地区地域づくりの会が主管しました。

市内9中学校から選出された12人は、大勢の観客の前で自らの思いを堂々と発表し、会場に深い感動を与えていました。

会場全体でひたちなか市市民憲章を唱和
会場全体でひたちなか市市民憲章を唱和

【発表者】

  • 岩本蒼一(大島中)「夢をくれた、ダイヤモンド・プリンセス」
  • 斎藤睦未(田彦中)「一言の重み」
  • 大和田さくら(佐野中)「ドラえもんと生きる」
  • 大塚涼平(勝田一中)「「好き」との出会い」
  • 佐藤麻理奈(勝田二中)「自分の糸を伸ばして」
  • 後藤結衣(勝田三中)「ムクドリからのメッセージ」
  • 白石聖香(那珂湊中)「二度と繰り返さないために」
  • 磯崎萌花(平磯中)「忘れてはいけないこと」
  • 深谷友香(阿字ケ浦中)「言葉の魔法」
  • 助川夏海(田彦中)「心の成長」
  • 黒沢美紀(佐野中)「「言葉」について考える」
  • 渡邉彩冬(大島中)「僕ができること、誰かの笑顔のために」

第15 回湊中学区少年の主張大会

夢と希望のメッセージ

image
小学校は6年生、中学校は2年生の代表8人が発表

日々成長していく青少年が、社会体験の中で感じ、考えていることを訴える
「第 15 回湊中学区少年の主張大会」(主催:湊中学区地域を住みよくする会、湊中学区生徒指導推進協議会)が、平成27年1月31日、那珂湊総合福祉センター(しあわせプラザ)で開催されました。
ステージでは、那珂湊中学区内にある4つの小中学校の代表8人が、将来の夢や平和などをテーマに精一杯発表しました。

※那珂湊中学区内の学校=那珂湊第一、同第二、同第三小学校。那珂湊中学校。

image
アトラクションで演奏を披露した那珂湊中学校吹奏楽部