タグ別アーカイブ: 勝倉

昭和の記事から4〜勝倉のうつりかわり

「市報かつた」に昭和53年から昭和54年にかけて「文化財めぐり」として掲載された”ムラのうつりかわり”(全18回)を紹介します。(4/18)

勝倉

(市報かつた昭和53年7月10日号掲載)

近年になって姿を消したお祭りとして、ヤンサマチをはじめ、荒野のの石尊様のお祭り、足崎の天主様のお祭り、中根のオドンマ祭りなどとがあります。勝倉の勝遊山(フナユサン)もその一つてす。この船遊山は、昭和12年ごろまでおこなわれていましたが、当時は県内では珍しい風流なおまつりでした。

盆の16日、ハンソウあるいは、コダラシとよばれた船に屋台を組んだ船が、枝川や大杉山(水戸市)、遠くは磯浜(大洗町)や海老沢(茨城町)方面から船渡に集まりました。船中では笛、太鼓、鉦(かね)のお囃子に合わせて、ひょっとこ踊りが競われるなど、船渡は一年中で一番にぎわったといわれています。

勝倉の船遊山は、もともとお阿跡陀様で知られる道明寺とのつながりを持つ祭礼です。当日寺院でもゴマをたいて仏を供養する行事がおこなわれますが、この日はちょうど盆の精霊送りの日でもあり、それに、道明寺が再興された日でもあり、これらが習合して、木尊の阿弥陀如来にご利益を願う地域民の熱心な信仰から、船遊山という風流な祭りが生まれたものと思われます。

舟遊山 昭和の記事から4〜勝倉のうつりかわり の続きを読む

広告

勝倉船渡宿の面影

右手前に見えるのが五軒長屋

勝倉船渡宿の面影を残す画像(1967年ごろ)を公開しました。

ひたちなか市と水戸市を結ぶ交通機関として、昭和初期まで渡船が利用され、枝川、勝倉、三反田に渡し場がありました。

その後、1960年1月17日~6月16日まで勝田橋架替工事のため、勝倉で渡船が復活したことがあります。