タグ別アーカイブ: ワークプラザ勝田

ワークプラザでクリスマス

ワークプラザ勝田で「☆特別企画☆キャンドルDEツリー」が開催中です。同施設のロビーには東石川保育所、つだ保育所、佐野保育所の園児たちが描いた絵を活用したキャンドルで作ったクリスマスツリーを平成29年12月24日まで展示中。

クリスマスにちなんだお菓子などを親子で作る体験講座も参加者募集中です。
この機会に親子でクリスマスの準備を進めませんか。

詳しくはこちら

広告

遊んで、学ぶ!サロンフェス2017

市内には、暮らしの中で気軽に交流できるたまり場として、子育てや高齢者、多世代交流など約60のサロンが運営されています。そんな地域のサロン活動をより多くの人に知ってもらおうと、ひたちなかサロンフェスティバル2017(主催:ひたちなか市、ひたちなか市社会福祉協議会)を平成29年7月29日、ワークプラザ勝田で開催しました。パネルディスカッションや活動紹介、サロン体験などを通して、来場者へ地域のたまり場をPRしました。

皆さんも、地域のサロンに参加してみませんか?

市内各地域で運営されているサロンの詳細は、ひたちなか市社会福祉協議会☎274-3241まで問い合わせください。

魚料理を味わい、魚食推進への結束強める

魚のおいしさや魅力を伝え、まちを盛り上げていこうと、平成28年7月3日、ワークプラザ勝田で魚食の普及に関する条例制定記念パーティー(主催:ひたちなか商工会議所、魚のおいしいまちひたちなか推進協議会など)が行われ、漁業や水産加工業、地元飲食店などに関わる約140人が参加しました。

パーティーに並べられたのは、市内事業者から提供された新鮮な魚や貝、水産加工品などを使った料理約60品。参加者は、魚のおいしさを分かち合い、魚食推進への結束を強めました。

魚食の普及に関する条例(平成28年4月1日施行)
同条例は、水産業の振興と水産物の消費拡大を推進することで、観光の振興や地域経済の活性化を図り、さらには、魚食や食育の普及を通して日本の伝統的な食文化への理解を深め、市民の健康づくりを推進することを目的とし、市議会議員提出提案により誕生しました。

サロン活動の輪を広げよう!サロンフェス2016

地域のサロン活動をより多くの人に知ってもらおうと、平成28年7月2日、ワークプラザ勝田で「ひたちなかサロンフェスティバル2016」(主催:ひたちなか市、ひたちなか市社会福祉協議会)を開催しました。

同イベントには、子育てや高齢者、多世代交流など市内でサロンを運営している約20団体が参加。パネルディスカッションのほか、活動紹介やサロン体験などを通して、来場者へ気軽に誰もが立ち寄れる地域のたまり場をアピールしました。

皆さんも、地域のサロンに参加してみませんか?
市内では、約60のサロンが各地域で運営されています。詳しくは、ひたちなか市社会福祉協議会☎274-3241まで問い合わせください。

7月2日、サロン・フェスティバル2016を開催します

地域のたまり場活動をのぞいてみよう!

2回目の開催となるひたちなかサロン・フェスティバルでは、市内サロン約15の活動団体紹介やサロン体験のほか、長年サロン活動に携わってきた下重さんと、昨年子育てサロンを立ち上げた早川さんが参加し、パネルディスカッションを行います。
子育てや高齢者、多世代交流などのサロンに携わる方々と、お話や体験を通して、自分たちの手でつくる地域のたまり場について考えてみませんか?

パネルディスカッション参加者メッセージ

■佐和駅前東高齢者サロン「高齢者ふれあいサロン”あけぼの”」下重さん(写真左)
お菓子をつまみながら、昔話に華が咲く。そんな楽しいおしゃべりの場を身近な場所につくっていきませんか?地域のために私たちができることを話し合いたいですね。

■佐野地区子育てサロン「たまり場ぽぽ」 早川さん(写真右)
子育てお母さん、お父さんたちの「こんな支援があったらいいな」を実現していきたいと思っています。気軽に立ち寄れる地域のたまり場について一緒に考えてみましょう。

【開催日程】

  • 日時 平成28年7月2日(土) 午後1時~4時
  • 場所 ワークプラザ勝田1階 多目的ホール
  • 入場料 無料

【問合せ】社会福祉課☎029-273-0111内線7203

第5回国際交流文化祭開催

平成28年6月19日、ワークプラザ勝田で、世界の人々や文化とふれあうことができる第5回国際交流文化祭(主催:ひたちなか市国際交流協会)が開催されました。

20160619_0056
ブラジルを紹介するイザベラさん

世界の雑貨販売や各国を紹介する展示などが行われたほか、ステージでは音楽や踊りが披露されました。

同イベントには日本人だけでなく外国人も来場し、来場者たちは世界の文化を楽しみました。

環境シンポジウム2016が開催

E〜COとしてる、ひたちなか
環境四季時計『冬まつり』

環境への関心の高揚を目的とした「環境四季時計『冬祭り』環境シンポジウム2016」(主催:ひたちなか市の環境を良くする会ひたちなか市)が、平成28年2月6日にワークプラザ勝田で開催されました。

シンポジウムは、ひたちなか市環境保全啓発ポスターコンクールの表彰と、環境に関する活動事例として長堀小学校那珂湊第一小学校阿字ケ浦中学校リコーインダストリー(株)勝田事業所が発表しました。

ひたちなか市の環境を良くする会長の栗田裕子さんは、「シンポジウムをみなさんのエコライフへのヒントとしてほしい」と話していました。

サウンドシップ・ワークプラザコンサートを開催

音楽のあるまちづくりを推進している音楽愛好家団体「ひたちなかサウンドシップ」が、平成27年9月12日、ワークララザ勝田で「サウンドシップワークプラザコンサート」を開催しました。

同コンサートは、登録団体自ら企画・設営・出演まで行う手作りのイベントで、この日は7団体が出演し、ステージ上では弾き語りやロック、タヒチアンのダンスが披露されました。

伊丹オトラクとやよいコンサート〜ひたちなかサウンドシップ

音楽を通じたまちづくりを推進しているひたちなか音楽のまちづくり実行委員会(ひたちなかサウンドシップ)が、平成27年3月7日、ワークプラザ勝田で「やよいコンサート」を開催しました。

_1000756
”ふだんの街中を音楽のある風景に”、”無理をしないイベント作り”、”地域の出会い”をキーワードに開催してきた「伊丹オトラク」について講演を行う中脇氏

同イベントは、登録メンバーの研修と交流の場を提供しようと講演会とコンサートの2部構成で行われ、講演会には、(公財)伊丹市文化振興財団の中脇健児氏が講師として招かれ、伊丹市で実施されているまちなか音楽プロジェクト「伊丹オトラク」の事例報告がありました。

コンサートでは、初めての試みとしてメンバー同士のコラボレーションによる演奏が披露されました。

伊丹オトラクとやよいコンサート〜ひたちなかサウンドシップ の続きを読む

ーE〜CO(えーこ)としてる ひたちなかー

環境四季時計『冬まつり』環境シンポジウム2015

環境保全活動の振興と環境意識の啓発を目的とした「環境四季時計『冬祭り』環境シンポジウム2015」(主催:ひたちなか市の環境を良くする会、ひたちなか市)が、平成27年2月11日にワークプラザ勝田で開催され、約240人が参加しました。

 シンポジウムは、ひたちなか市環境保全啓発ポスターコンクールの表彰、エコに関する活動発表と、『冬まつり』としてアトラクションとおたのしみ抽選会が行われました。

 活動発表では、堀口小学校三反田小学校阿字ケ浦中学校(株)砂押園芸がそれぞれ取り組んでいる環境活動や研究成果について発表しました。