タグ別アーカイブ: ひたちなか市食生活改善推進員連絡協議会

「茨城を食べよう!野菜編」料理コンクール

美味しくバランスのとれた食事を推進しようと、平成30年10月23日、食生活改善推進員による料理コンクールが開催されました。

このコンクールは、食を通じた地域住民の健康づくりのボランティア活動を行なっている「食改さん」(食生活改善推進員)の資質向上などを目的に、毎年開かれています。

今年のテーマは
「茨城を食べよう!野菜編」

「すぐ作ってみたいと心をくすぐられる」「手軽にできる」「おいしい」などの審査基準を満たすよう、13の地区が参加して料理の腕を競いました。
審査の結果、西中根地区(勝田一中学区)「ゆで豚のニンジンソース」が、最優秀賞の市長賞に選ばれました。

今回出品された料理は、今後レシピ集が制作される予定です。食改さんのメニューを参考に、野菜を使った料理のレパートリーを増やしてみませんか?

広告

体にやさしいおやつを作ろう「cojihanくらぶ」

若い世代の母親たちが簡単なおやつ作りを楽しむ「cojihanくらぶ(主催:市食生活改善推進員連絡協議会)」が、平成30年8月7日、ふぁみりこらぼで開催されました。

「こじはん」とは、ひたちなか市の方言で、田んぼや畑仕事の間の軽食(おやつ)のこと。今回は、おこわおむすび・きな粉ボーロ・ジンジャーエールの3品を作りました。
参加者は、“食改さん”に教わりながら和気あいあいと調理していました。

同協議会はこの他にも、地域の母親たちに食の大切さを楽しみながら学んでもらおうと様々な催しを行っています。


【うれ塩カフェに参加しませんか?】
日時 ①9月25日(火) ②12月3日(月) ③1月23日(水)
___10:00〜13:00 ※3回とも同内容
場所 ヘルス・ケア・センター
内容 減塩についてのお話、簡単クッキングなど
___※詳しくはお問い合わせください
申込み・問合せ ヘルス・ケア・センター☎︎276−5222

食育活動の功績たたえられ農林水産大臣賞

ひたちなか市食生活改善推進員連絡協議会は「第2回食育活動表彰」で農林水産大臣賞を受賞し、平成30年7月13日、同協議会の会員が市役所を表敬訪問しました。

同協議会には現在231人の“食改さん”が所属。生活習慣病を予防する料理教室や、料理コンクールの開催など、食生活改善のためのボランティア活動を行なっています。
長年の取り組みが認められ、農林水産省が主催する食育活動表彰【ボランティア部門 食生活改善推進員の部】で、最優秀賞の農林水産大臣賞を受賞しました。

“食改さん”の皆様と本間源基市長

同協議会会長の髙野千代子さんは、「素晴らしい賞を頂き嬉しく思います。多くの人に食への意識を高めてもらい、今後は特に若い世代にも関心を持ってもらえるよう努めていきたいです」と話していました。

魚料理をテーマに料理コンクール開催

手軽に美味しい!魚(とと)料理

平成29年10月20日、食生活改善推進員による料理コンクール(主催:ひたちなか市食生活改善推進員連絡協議会)が開催されました。
このコンクールは、食を通じた地域住民の健康づくりのボランティア活動を行なっている「食改さん」(食生活改善推進員)の資質向上や地区組織活動の活性化を測ることを目的に開催しています。

今年のテーマは、
「すぐ作りたくなる海の恵み 魚(とと)料理」

「すぐ作ってみたいと心をくすぐられる」「おおむね30分以内で手軽にできる」「おいしい」などの条件を満たすように、18の地区がメニューに頭を絞り、料理の腕を競いました。
今回出品された作品は、今後レシピ集も制作される予定です。 食改さんのメニューを参考に、魚料理のレパートリーを増やしてみませんか?

○各賞の受賞作品

・ひたちなか市長賞
「ぶりの甘酢漬けカレー風味」 勝田一中 駅前地区
・ひたちなか保健所長賞
「ちゃちゃっとさばチョップ」 佐野中 高野地区
・ひたちなか市医師会長賞
「いわしの梅とカレーの風味揚げ」 勝田一中 中根地区
・ひたちなか市自治会連合会長賞
「かじきまぐろのごま焼き」 那珂湊中 本町、東本町地区
・ひたちなか市食生活改善推進員連絡協議会長賞
「レンジで簡単‼︎サーモンの野菜・きのこ蒸し」
那珂湊中 殿山町地区