ありがとうの気持ちを込めてプレゼントづくり

ありがとうの気持ちを込めた手紙付きのメッセージボード
ありがとうの気持ちを込めた手紙付きのメッセージボード

母の日を前に、2014年5月10日、那珂湊図書館子どもの読書週間にちなんだイベント「おとなにはないしょだよ」が行われました。

参加した小学生15人は、ありがとうの気持ちを込めて手紙つきのメッセージボードを作りました。

子どもたちだけで行われたこのイベント。帰りに家族と会い、「何を作ったの?」と聞かれた子どもたちは、「ないしょだよ」と自慢げな顔をしていました。

メッセージボードを作る子どもたち
メッセージボードを作る子どもたち

 

広告

1000人の大潮干狩り

1967年5月14日、児童福祉週間にあわせて行われた親子潮干狩りの画像を公開しました。

(市政だより「なかみなと」昭和42年5月25日号より)

盛況だった児童福祉週間~1000人の大潮干狩り。勝田自衛隊も音楽のプレゼント

児童福祉週間の最後を飾る親子潮干狩大会は、5月14日午前9時半から平磯中学校下の海岸で、保育園幼稚園児、小中学生およびその父兄約1000人が参加、盛大に行われました。この日は薄曇りでしたが、無風の上に気温が高く、絶好の潮干びよりとあって、遠く沖の方まで露出した岩礁が、裸や薄着の海の子で埋まり、貝やカニをとって一日を楽しく過ごしました。

なお、終了後、現地で勝田自衛隊のみごとな音楽のプレゼントがありました。

那珂湊水産缶詰公社の画像

1961年に茨城県水産試験場から缶詰工場の払い下げを受け、設立した那珂湊水産缶詰公社の画像を公開しました。

(那珂湊市政だより昭和36年3月1日号より)

期待される那珂湊水産缶詰公社

去る2月1日に、那珂湊水産缶詰公社が創立しました。

この会社は、前茨城県水産試験場缶詰工場だったものを、市と市内の各漁業協同組合や、加工組合が合同出資して払い下げ、那珂湊水産缶詰公社が出来上がりました。資本金は総額1千万円で変わりつつある現在の食生活にマッチした食品の生産によって、各家庭の食膳をしいては、外貨獲得(輸出)の一端をにない、また那珂湊市産業の新部門として将来、大きく躍進することが期待されます。

メートル法実施に伴い行われた升はかり納め式

1958年12月10日に行われた升はかり納め式の画像を公開しました。これは、同年11月1日に旧那珂湊市内で完全実施されたメートル法施行に伴い行われました。 メートル法実施に伴い行われた升はかり納め式 の続きを読む

那珂湊第二幼稚園竣工時の画像

竣工式の様子

1958年に竣工した那珂湊第二幼稚園画像を公開しました。

(那珂湊市政だより昭和33年11月10日号から)

第二幼稚園舎竣工す

今年はじめ、第一幼稚園舎ができ上がり、この竣工式に参列した方々は「まるでお伽の世界に来たような感じがする」といわれましたが、第二幼稚園舎も、それにもまさる明るい園舎として、出来上がりました。

お祝いに集まったお母さんの中には、この立派な明るい園舎で、「もう一人産んで…」と喜んでおりました。床面積174平方メートル(52.75坪)

映画で茨城県の魅力を発信~ひたちなか市職員も出演

akaitori 映像で茨城県の魅力を発信しているカミスガフィルムコミッションが、このたび映画「あかいはし、とりのみち。」(大内靖監督。後援:県、市ほか)を公開し、2014年5月8日、ひたちなか市文化会館で上映会が行われました。

映画は、県内6市町村を巡るロードムービーで、ひたちなか市内の各所が登場するほか、ひたちなか市観光振興課職員がボランティアで出演。市のPRに一役買いました。

※上映は6月まで茨城県内12カ所で行われます。

_5085364
舞台あいさつをする小夏役を演じた市職員の根本まどか 「ひたちなか市の代表として何かできればという思いで映画に出演しました。見慣れた市内の風景も多く登場するので、ひたちなか市のいいところをPRできたと思います」

ひたちなか市のトピックスをお届けします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。