カテゴリー別アーカイブ: まちの話題

JICAボランティアが出発報告

平成30年6月20日、JICA(独立行政法人国際協力機構)ボランティアとして派遣される根本諒さんと樋口和佳奈さんが、ひたちなか市役所を表敬訪問しました。

根本さんは、来月から1年9ヶ月間、エルサルバドル共和国に派遣されます。現役の高校教諭で体育を指導している根本さんは、キャリアをいかして現地の子どもたちに野球の楽しさを伝えます。

根本さん「治安の悪い国で暮らす子どもたちに、野球を通して生きる喜びを感じてほしい」

樋口さんは今月27日から2年間、ジブチ共和国へ。学生時代に服飾を学び、大学助手を務めた経験もいかし、開発途上国の裁縫技術向上を目指して女性たちに服の作り方などを教えます。

樋口さん「海外で経験を積み、将来はデザイナーとして活躍したい」

本間源基市長は「体調には充分気をつけて、失敗を恐れず若い力を発揮してきてください」とエールを送りました。

本間源基市長、樋口和佳奈さん、根本諒さん
広告

いきいき茨城ゆめ国体「歓迎のぼり旗」完成!

2019年開催の「いきいき茨城ゆめ国体・いきいき茨城ゆめ大会」を盛り上げようと、那珂湊高校の生徒がデザインした歓迎のぼり旗が完成しました。

デザインは3種類。いずれも「ひたちなか市らしさ」を取り入れ、国営ひたち海浜公園ひたちなか海浜鉄道湊線など、市の観光名所や特産品があしらわれています。

デザインの特長を説明

のぼり旗のサイズは縦180cm・横60cmで、合計1,000本を用意。リハーサル大会の期間と、国体・大会開催期間中、市内の試合会場周辺や駅前などに設置される予定です。

左から 大平朋生さん、鈴木浩二校長、青栁朋希さん、本間源基市長、中村未夢さん

 

福祉施設から湊線の新土産「トレンシェ」贈呈

多機能型障害福祉サービス事業所「ハートケアセンターひたちなか」はこのほど、ひたちなか海浜鉄道・湊線をモチーフにした焼き菓子「駅名菓 トレンシェ」を開発し、平成30年6月18日、本間源基市長に同商品を贈りました。

「駅名菓 トレンシェ」は、湊線の個性的な駅名標をパッケージにした手作りフィナンシェで、市特産のほしいも味や、阿字ヶ浦名産のいちご味など、10種類をそろえています。

トレンシェを製造している同施設の有阪加奈子施設長は「厳選されたフレーバーと、無添加にこだわった自然の味を楽しんでほしい。皆に愛される地域に根付いた土産を目指したい」と話していました。

「駅名菓 トレンシェ」は、5個入り1パック1,620円(税込)。
1パックから受注販売を行なっています。
【問合せ】ハートケアセンターひたちなか 電話029−264−1500

民生児童委員の活動に藍綬褒章

長年にわたり社会福祉の増進に寄与してきた、民生委員・児童委員の安正機さんが、平成30年春の褒章の藍綬褒章を受章し、6月18日、本間源基市長に受章報告をしました。

安さんは、平成4年から民生委員・児童委員として、一人暮らしのお年寄り宅への訪問などを通して地域福祉の充実に努めてきました。平成28年12月には市連合民生委員児童委員協議会会長に、平成29年2月には(一財)県民生委員児童委員協議会副会長に就任し、現在も献身的な活動を続けています。

安正機さん

市内で、現役の民生委員・児童委員が藍綬褒章を受章したのは、安さんが初めて。安さんは「大変なこともありましたが、滅多にない章を頂くことができ、長年続けてきて本当に良かったです」と喜びの声を話していました。

安さんと本間市長

みんなで楽しくウォーキング

 

平成30年6月17日、ひたちなか市勝田二中学区で健康づくり歩く会が開催され、約100人が爽やかにウォーキングを楽しみました。

同歩く会は、身近なコースを散策しながら、健康づくりを楽しんでもらおうと保健推進員が企画しているもので、年に一回市内各地域で開催されています。

皆さんも日々の健康づくりを見直してみませんか?

  • ひたちなか元気アップポイント事業はこちら
  • 健康づくり歩く会マップはこちら

全国広報コンクール入選1席受賞記念展開催中

市報ひたちなか平成29年8月10日号表紙が、平成30年全国広報コンクールの広報写真一枚写真部で入選1席(全国2位)を受賞しました。受賞を記念したパネル展を次のとおり開催しています。広報写真でひたちなかの魅力に触れるもよし、懐かしい市報でたどる市の歩みを楽しむもよし。ぜひお立ち寄りください。

市報ひたちなか写真展

広報職員が日々の取材のなかで切り取ったまちの表情を紹介します。

  • 期間  平成30年6月11日~7月31日の平日、日曜
    8:30~17:30
  • 場所 ひたちなか市役所本庁1階市民ホール

市報ひたちなか展

平成6年11月1日のひたちなか市誕生から、これまでに発行した「市報ひたちなか」の印象的な記事で市の歩みを紹介します。

  • 期間 平成30年6月11日~7月31日の毎日
    9:00~17:00
  • 場所 ひたちなか市役所那珂湊支所 展示室

那珂湊高校 台湾出発に向け表敬訪問

台湾で開催される「2018日本観光物産博覧会」への出展が決まった那珂湊高校の生徒たちが、出発を前にひたちなか市役所を表敬訪問しました。
同博覧会は平成30年6月22日~24日の3日間行われ、那珂湊高校の出展は昨年に続いて2回目です。
期間中は全日、生徒が作成した台湾語の観光パンフレットを配るなどして、同行する市職員と共にひたちなか市をPRします。

市の魅力を伝える高校生
那珂湊高校一行、みなとちゃん、ひたちなか市長

那珂湊高校の生徒は「一人でも多くの方が茨城県やひたちなか市に行ってみたいと思えるよう、全力でPRしたいです」と意気込みを語りました。

2018 いきいき茨城ゆめカップ開幕

大会1日目の自由形種目

来年行われる茨城国体の県内初のリハーサル大会として、水泳(競泳)種目を競う「2018 いきいき茨城ゆめカップ」が、平成30年5月26日・27日に笠松運動公園屋内水泳プールで開催されています。

国体本番と同じ会場で行われる同大会では、首都圏の小学生から大学生までの選手約1200人が参加して熱戦を繰り広げます。大会を経て全国的に活躍する選手も多く輩出している大会なので、若手のホープをぜひチェックしてみませんか。

プロ野球一軍公式戦「巨人vs広島」

平成30年5月23日、プロ野球セ・リーグ公式戦「読売ジャイアンツvs広島東洋カープ」の試合が、ひたちなか市民球場で開催されました。県内でのプロ野球一軍公式戦は4年ぶりです。

この日は、約13,000人の観客が来場。雨が降りしきる中での試合となりましたが、プロの迫力あるプレーに観客席からは大きな歓声が沸き起こりました。

無料ご招待!水戸ホーリーホック~5/27ひたちなか市の日~

平成30年5月23日、J2リーグ水戸ホーリーホックから「ひたちなか市の日無料招待チケット」が贈呈されました。
市内在住・在学の方を、5月27日(日)に「ひたちなか市の日」として開催される水戸ホーリーホックの試合へ無料ご招待(メインサイド席)。みんなで応援に行きましょう!

右から、沼田邦郎代表取締役社長、本間源基市長、
クラブマスコットのホーリーくん

■水戸ホーリーホック「ひたちなか市の日」
試合:J2リーグ第16節 vsアビスパ福岡
日時:平成30年5月27日(日) 午後2時キックオフ
会場:ケーズデンキスタジアム水戸
対象:ひたちなか市内在住・在学の方をメインサイド席にご招待
受付:試合当日、スタジアム正面玄関横の「ひたちなか市ブース」で、免許証や学生証など市内在住・在学を確認できるものをご提示ください。

【問合せ】ひたちなか市スポーツ振興課