「救急の日2019」開催

令和元年9月8日、勝田TAMARIBA横丁で「救急の日2019」が開催され、子どもたちが体験を通して楽しみながら救急について学びました。

会場では、ミニ救急講習会や防火衣着衣体験、骨密度測定、血管年齢測定などが開催され、家族連れなど約5000人が来場。
来場者は「親子で防火衣やナース服を着る体験が出来て良かった」「救急車の利用や自分の健康についてあらためて考える機会になった」など感想を話していました。

広告