(株)セイブと高齢者見守り協定締結

ひたちなか市は、高齢者が安心・安全に暮らせる地域づくりを目指すことを目的に、(株)セイブと「高齢者見守り活動等への協力に関する協定」を令和元年7月23日に締結しました。

同協定により、同店と移動スーパー「とくし丸」(同店を拠点に7月29日より運行開始)が、業務中に高齢者の異変に気付いたときに市に通報したり、「認知症サポーター養成講座」の開催に協力したりするなどして、高齢者への見守り活動等に活躍します。
同社の勝田徹社長は「お客様への見守りや困っていることのお役に立ち、地域に貢献していきたい」と話しました。

協定書を交わす大谷明市長と勝田社長(右)
広告