田彦小学校 理科教育で文部科学大臣賞

理科教育で顕著な成果を収めたとして、ひたちなか市立田彦小学校が文部科学大臣表彰の創意工夫育成功労学校賞を受けました。

これは、科学研究・発明工夫作品を出展するためのサポートを行い、児童の意欲を高めたことなどが評価されたものです。
同校では、夏休み期間中の家庭学習の選択課題である科学研究や発明工夫の相談日を設け、教員が児童や保護者のサポートをし、夏休み明けには校内で作品展を実施。すべての作品を理科室や廊下に展示しています。毎年100点近くの作品が集まり、継続として6年間同じ研究対象を様々な角度から調べた児童や、県や中央地区の作品展で入賞した作品もあるそうです。
また、県の小学校専科事業で理科の教員を1人追加配置し、担任とティームティーチング授業を行うほか、PTA主催で科学教室を開き、親子で実験に取り組むなどし、保護者も理科への関心を高める機会になっています。
学校と保護者ぐるみの取り組みが、今回の受賞につながっているようですね。

広告