まちづくり市民会議の協議内容をまとめ報告・提案

平成30年2月20日、二中学区地域の輪をつくる会の役員がひたちなか市役所を訪れ、まちづくり市民会議における協議内容の報告及び事業の提案書を本間源基市長に手渡しました。

まちづくり市民会議はひたちなか市自立と協働のまちづくり基本条例に規定された市民と市の協働により運営される会議で、二中学区では平成28年12月から高齢福祉を推進する拠点や体制づくりと、今後の高齢者対策について検討してきました。

市民会議の結果をもとに市へ事業提案を行うのは条例施行後初めてであり、二中学区地域の輪をつくる会の兼山隆会長は「今後、推進体制を確保し、事業を持続可能なものとするため、市の支援をお願いしたい」と話しました。

広告