魚をまるごと食べよう!阿字ヶ浦小で料理教室

平成29年9月29日、食生活改善推進委員による料理教室が阿字ヶ浦小学校で開催されました。

サンマのさばき方を見て驚く児童たち

食生活改善推進委員が講師を務め、5年生がさんまのつみれ汁作りに挑戦。児童たちは実際にサンマをさばき、慣れない魚に悪戦苦闘しつつもつみれを作っていきました。

児童たちは「さばくのは怖かったが、美味しいつみれ汁ができた」「今日覚えたことを実践してみたい」などと感想を述べました。

料理教室ではカップ麺と同じ濃度の塩水を舐めてみたり、味噌汁の塩分濃度を測定してみたりと工夫を凝らし、減塩の大切さも伝えました。

広告

ひたちなか市と郵便局との地域における協力に関する協定締結式

平成29年9月25日、ひたちなか市役所で「ひたちなか市と郵便局との地域における協力に関する協定」が締結されました。

この協定は、日頃から市民の皆様に身近な存在で、まちの様子にも精通している市内15か所の郵便局と連携することとしています。例えば、郵便局配達員等が業務中に気付いた道路の損傷や不法投棄についての情報提供を行うほか、高齢者や子どもなど市民の何らかの異変について市に連絡することで、速やかで適切な措置につながることが期待できます。

締結式では、「これまでも市にご協力いただいていた郵便局と改めて協定を結ぶことができたことは心強いことであり、地域に密着した郵便局の大きな力を借りられることに感謝いたします」と本間源基市長が述べました。

飛鳥Ⅱ、常陸那珂港に寄港!10月の寄港も楽しみに

平成29年9月15日、国内最大の豪華客船「飛鳥Ⅱ」が常陸那珂港区へ寄港しました。去年に引き続き、2度目の寄港となります。

「飛鳥Ⅱ」を歓迎し、盛大なおもてなしイベントが行われ、多くの人でにぎわいました。

入港を迎える東海高校ジャズバンド部の華やかな演奏からはじまり、茨城県の魅力が詰まった特産品の観光物産フェアや大型建設機械などが終日展示され、午後からは堀川保育園の太鼓の演奏が船上からも大きな拍手を受けていました。
今日ご来場していたご夫婦は、息子さんに「飛鳥Ⅱ」のチケットをプレゼントされて今回の船旅に参加されたご友人を見送りに来たとのことで、大きな船の前で記念撮影に満足そうでした。

夕刻、たくさんの乗客を乗せて、大洗高校ブルーホークスの演奏に見送られた飛鳥IIですが、今年は10月にも美しい姿を常陸那珂港区で見せてくれます。

次回も船内見学会が予定されていますので、今回落選なさった方はまたチャレンジしてみてください。

【次回歓迎イベント】
日時:2017年10月25日(水)8:00~17:15
会場:茨城港常陸那珂港区中央埠頭(埠頭内に無料駐車場あり)
※船内見学会に関しては市報ひたちなか9月25日号でもお知らせする予定です。

(この記事は、ひたちなか市広報広聴課でインターンシップ実習を行った茨城キリスト教大学3年生が作成しました)

憧れの豪華客船「飛鳥Ⅱ」常陸那珂港区へ寄港中

平成29年9月15日、国内最大の豪華客船「飛鳥Ⅱ」が茨城港常陸那珂港区に二度目の寄港をしました(初寄港は平成28年9月10日)。
東海高校ジャズバンド部の演奏に迎えられ接岸した飛鳥Ⅱ。
歓迎式典では、東海村の山田村長が歓迎の挨拶をしました。

乗船客を盛大に歓迎しようと、「飛鳥Ⅱ」茨城港常陸那珂港区おもてなし実行委員により、埠頭ではおもてなしイベントを開催しています。
地元のグルメや特産品を販売する観光物産展や、大型建設機械の展示など、普段は入ることのできない埠頭でのイベントとあってたくさんの人が訪れています。

また、午後には、船内見学会があり、応募者1707人中、当選した者80名の方が、実際に豪華客船の中を見学するそうです。

おもてなしイベントは、午後も続きます。午後3時頃には、飛鳥Ⅱ記念グッズをもらえる引換券の配布、午後3時30分頃には堀川保育園の演奏も披露されます。
出港セレモニーは午後4時から。大洗高校ブルーホークスのマーチングと共に、飛鳥Ⅱを見送りませんか?

場所:茨城港常陸那珂港区北埠頭(埠頭内に無料駐車場あり)
会場地図(この記事は、ひたちなか市広報広聴課でインターンシップ実習を行った茨城キリスト教大学3年生が作成しました)

仲間と団結した熱い体育祭

お助け綱引き

青空に恵まれた平成29年9月9日、ひたちなか市内の各中学校で体育祭が開催されました。

大島中学校では、「Unlimited〜暑さに負けず熱くなれ〜」のスローガンのもと、生徒たちは仲間と限りない力を発揮し、大縄や綱引き、リレーなどに熱く取り組んでいました。

体育祭を通して仲間とつかんだ喜びや笑顔、友情は、生徒たちの最高の思い出となったことでしょう。