憩いの空間広がる花しょうぶ園

紫や白の花しょうぶが見頃を迎えている馬渡はにわ公園内の花しょうぶ園。今週末の平成29年6月17日、18日には、見頃のピークを迎える予想で、地元自治会の協力による無料湯茶サービスも予定されています。ご家族やお友達と、リフレッシュにでかけませんか?
(平成29年6月15日撮影の様子)

花しょうぶ園誕生のきっかけ

花しょうぶ園は、花の名所をつくろうと平成3年に地元住民の飛田忍さんが「花しょうぶの会」に花しょうぶ4千本を提供したのが始まり。以来、平成16年に市に維持管理が移るまで、地域の方々と手入れを続けてきました。同園はこうした方々の協力で26年目を迎え、100 種2万本を超える花しょうぶが広がる人気スポットとなりました。

 

広告