目指せ未来の稀勢の里、高安!市子連相撲大会

土俵際での投げ合い。たくさんのドラマが生まれました

国技相撲を通じた子どもたちの健全育成を目的に、第48回市子連相撲大会(主催:ひたちなか市子ども会育成連合会)が、平成29年6月4日、那珂湊運動公園相撲場で行われ、16チーム66人の小学3〜6年生が参加しました。

試合では、「はっけよーいのこった」でぶつかり合う子どもたちに大声援が送られ、土俵際で踏ん張る姿や華麗な投げ技、体の大きい子も小さい子も諦めないで頑張る姿に、会場は大いに湧きました。

この中から、未来の稀勢の里や高安が誕生するかもしれませんね。

広告