環境シンポジウム2017が開催

E〜COとしてる、ひたちなか
環境四季時計『冬まつり』

環境への関心の高揚を目的とした「環境四季時計『冬祭り』環境シンポジウム2017」(主催:ひたちなか市の環境を良くする会ひたちなか市)が、平成29年2月11日にワークプラザ勝田で開催されました。

シンポジウムは、ひたちなか市環境保全啓発ポスターコンクールの表彰と、環境に関する活動事例として中根小学校、市毛小学校阿字ケ浦中学校株式会社日立製作所が発表しました。

事例発表の講評を行った茨城大学人文学部の原口弥生教授は、「このように子どもたちが活動していくことで、地域の住民が一緒に考えるきっかけになる。子供たちにぜひ地域の活動の主役として重要な役割を担ってもらいたい。」と話していました。

広告