子どもを守ろう!オレンジリボンたすきリレー2016

ひたちなか市役所前の銀杏並木を笑顔で走るランナーたち
ひたちなか市役所前の銀杏並木を笑顔で走るランナー

11月の児童虐待防止推進月間の啓発活動として、平成28年11月4日、「子どもを守ろう!オレンジリボンたすきリレー2016」(主催:茨城県児童福祉施設協議会、茨城県要保護児童対策地域協議会)が開催されました。

同リレーでは、県北コース「日立駅前〜茨城県庁」と県南コース「土浦児童相談所〜茨城県庁」の合計約100kmを、オレンジのたすきを付けた220人のランナーが走り、児童虐待防止をPRしました。

たすきをつないだランナーは「沿道の方も手を振ってくれて楽しく走れました。これからも子ども第一に安全を守っていきたい」と笑顔で話していました。

「虐待を受けたと思われる子ども」を見つけたときは、下記に相談してください。

相談QRコード
相談QRコード
広告