高専ロボコン2016開催

地元出場の茨城高専Aチーム
地元出場の茨城高専Aチーム。茨城県の鳥である「ひばり」をモチーフにしたロボットで大会に挑みました。

NHKのテレビ放送でおなじみの「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2016 関東甲信越地区大会」(主催:全国高等専門学校連合会ほか 共催:ひたちなか市)が、10月2日、市総合体育館で開催され、各地区の高専10校から各2チーム、計20チームが技術とアイデア満載の熱戦を繰り広げました。

今年の競技課題は「ロボット・ニューフロンティア」。新大陸開拓を目指す「探険家」となった学生たちが、待ち受ける障害をロボットで乗り越え、新大陸開拓の証として積み上げたブロックの「砦」の高さを競いました。

高専生たちが青春をかけて挑んだロボット対決に会場は大盛り上がり。大きな拍手と歓声が鳴り響いていました。

【大会の模様は11月13日(日)午前11時~11時54分にNHK総合テレビで放送予定】

広告