認知症ってなあに? 認知症キッズサポーター養成講座開催

認知症について正しく理解し、認知症の人を温かく見守る認知症サポーターとしての知識を身につけてもらおうと、平成28年8月28日、総合福祉センターで、ひたちなか市おとしより相談センターによる「認知症サポーター養成講座」が行われました。

a

小学生4・5・6年生を対象に行われたこの講座では、認知症の基礎知識の講義のほかにも、おとしより相談センター職員による寸劇で、認知症のおとしよりの代表的な行動や”悪い対処法”と”よい対処法”を比較して紹介したり、グループを作り参加者たちに”よい対処法”を話しあう時間を設けたりするなど、工夫をこらした手法で認知症の方への正しい対処法をよびかけました。

広告