犯罪のない・きれいなまちを目指して街頭キャンペーン

勝田駅で行われた街頭キャンペーン
勝田駅で行われた街頭キャンペーン

犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更正について理解を深め、犯罪のない地域社会を築こうとする「第66回社会を明るくする運動」と、ごみの投げ捨てや犬のふん害を防止する「まちをきれいにする条例」の街頭キャンペーンが、平成28年7月1日、勝田駅・佐和駅・那珂湊駅で行われました。

社会を明るくする運動には、ひたちなか市やひたちなか警察署、東地区保護司会、更生保護女性の会などが参加。「まちをきれいにする条例」には、市議会議員やひたちなか市コミュニティ組織連絡協議会、事業者などが参加しました。

参加者たちは、元気にあいさつをしながら啓発チラシなどを通勤・通学者に手渡し、運動への理解を呼びかけていました。

また、社会を明るくする運動では、7月の強調月間の一環として次のとおり講演会・音楽会を開催します。

社会を明るくする運動講演会・音楽会

■日時 平成28年7月9日(土) 午後1時30分~午後4時
■場所 ワークプラザ勝田
■内容
○講演会
演題 「青少年に対する理解と支援」
講師 筑波大学教授 佐藤有耕氏
○音楽会
茨城県警察音楽隊による演奏
■参加費 無料

広告