田彦中学校起工式の画像を公開

IMG8599

平成4年7月31日に行われた田彦中学校起工式の画像を公開しました。

Google フォト

古写真リストのページ

(市報かつた平成4年7月10号)

田彦中学校校舎と屋内体育館が完成
7月20日に新校舎へ移転

市が平成2年11月から、勝田市田彦1442-1に建設を進めていた田彦中学校がこのほど完成、現在、授業開始に向けて最後の準備を行っています。

田彦中学校(田所克己校長)は第6番目の市立中学校として開校されるもので、これにより大島中学校の過密化が解消され、適正規模による中学校教育の実現が図られます。すでに4月に開校して、大島中学校内の教室で授業を開始していましたが、校舎の完成により7月20日に新校舎へ移転することになりました。通学の対象区域は田彦小学校学区で、生徒数は1年生173人、2年生192人、3年生215人の合計580人、17学級となっています。

完成した校舎は、洋風建築物を思わせるような建物で、緑色の屋根とレンガ色のタイルの壁とがマッチした格調高い近代的な校舎です。校舎の建設については鉄筋コンクリート造り3階建てで、延床面積7,004平方メートル。普通教室19、特別教室14(理科室2・音楽室2・家庭科室2・図書室・金工室・木工室・美術室・視聴覚室・パソコン室等)のほか、保健室、校長室・職員室、多目的ホール2、会議室、印刷室などからできており、学校経営に必要な数々の部屋が設置されています。校舎関係の事業費は16億6,746万7,000円です。

一方、屋内体育館は鉄筋コンクリート造りで延床面積は1,699平方メートル。体育室、器具庫、放送室、ステージなどがあり、また、学校施設開放にむけミーティング室やシャワー室、更衣室などが設置されています。体育館に関する事業費は4億2,889万2,000円です。全体の敷地面積は4万3,851平方メートルで、市内の学校では敷地が一番広く、通動韜も十分とれる広さです。

建設に当たっては、これからの時代を袒う生徒のために、より豊かな教育環境をはじめ、最先端の設備をたくさん盛り込み、新しい学校教育を目指しました。特に複数学級や学年合同による学習、生徒の作品等の展示、クラブ活動、レクリエーションなどに利用できる多目的ホールが2・3階に設置されているほか、高度情報化社会の急速な進展が予想される時代に対応するため、40人の生徒が1度に学習できるパソコン室が設けられています。さらに、校舎が回廊式になっているため校舎1階の中庭には樹木を植栽して、ベンチを置いた多目的広場とし、集会や憩い・談話の匐として生徒間のふれあいが出来るスペースが設けてあります。

また、今年度はグラウンドとフェンスの整備工事を実施し、来年度以降は年次的に柔剣道芻、部室・体育倉庫の建設、プールの建設、植栽などを計画しています。  平成4年度までの建設事業費は、用地取得費、校舎建設費、屋内体育館建設費、グラウンド整備費、外構工事費などを含め約49億6,000万円になっています。

(市報かつた平成4年8月10日号)

市立田彦中学校が竣工 人材育成を図る地域のシンボル

市立大島中学校の過密化を解消し、適正規模による中学校教育の実現を図るため、市が平成2年11月から建設を進めていた市立田彦中学校がこのほど完成し、落成記念式典が7月31日、同校で行われました。

午前9時30分からパソコン室で、用地提供者や寄付者などへの感謝状の贈呈式が行われたのに続いて、午前10時からは体育館で竣工式が行われました。式辞のなかで清水昇市長は、「この田彦中学校は格調高い近代的な校舎に加え、時代の変化に対応した施設や設備を備え、より豊かな環境のなかで学習活動ができるものと期待されます。教育は、よい施設、よい指導者に加えてよい家庭環境づくりが大事です。みなさまのご協力を得て、同校が人材育成を図る地域のシンボルとして、そして生徒の皆さんは誇りをもってよき伝統を築いていただきたい」と述べました。

同校は田彦小学校の西側に位置し、敷地面積43851平方メートル。校舎は鉄筋コンクリート造り三階建て(一部四階建て)で、面積7004平方メートル、建設費は約16億6700万円。一方、屋内体育館は鉄筋コンクリート造り二階建てで、面積1699平方メートル、建設費は約4億2900万円です。また、平成5年度以降年次的に柔剣道場、プールの建設などを計画しています。

校舎は、普通教室19、特別教室14(理科・音楽・家庭・図書・パソコン室など)のほか、多目的ホール、保健室、校長室、職員室、印刷室などからできています。

通学の対象区域は田彦小学校学区で、生徒数は一年生173人、二年生192人、三年生125人の合計580人、17学級になっています。  特色は、40人の生徒が一度に学べるパソコン教室があること、複数学級や学年合同による学習、生徒の作品等の展示、クラブ活動、レクリェーションなどに利用できる多目的ホールが二・三階に配置されていることです。

さらに、校舎一階の植栽された中庭には、ベンチがおかれた多目的広場があり、集会をしたり、憩い、語らいの場所として生徒間のふれあいができるスペースが設けてあります。このような恵まれた環境の中で、充実した学習活動が行われるものと期待されています。

広告