柿の木に現われた文字(勝田の民話から)21/23

(市報かつた昭和62年2月25日号より。文・平野伸生 絵・穂垣智子)

柿の木に現われた文字

0225
不思議なことに割れた面から直径六寸ほどの大きさで「⑥」とはっきり読める黒ぐろとした文字が現れたのです

むかし、江戸時代の文政年中、今から160年前のころ、上高場村に善三郎というお百姓さんがいました。

善三郎は、とても丹精で正直者、村びとから親しまれていました。

この善三郎の家の庭さきに、むかし、ご先祖さままが植えた大きな柿の木がありました。枝は天高く四方に伸び、根っこは竜のように四方にはり、夏の初めごろになると、鈴のような形をした白い花が、「ぽとん、ぽとん」と大地にはじけ、秋には真赤に熟れた実をたわわにつける、自慢の柿の木でした。

ところが、ある年の秋、寄る年波には勝です、風のために柿の木が倒れてしまいました。 柿の木に現われた文字(勝田の民話から)21/23 の続きを読む

広告

Flowering2016、開幕

_1280264

色鮮やかな花々によって彩られる春のフラワーリレー「Flowering2016」が、平成28年3月19日、国営ひたち海浜公園でスタートしました。スイセン、チューリップ、ネモフィラをはじめ、園内各所でバトンを繋ぐように次々と咲き誇る花々が創り出す風景は、“自然が描く名画”です。

「Flowering2016」のスケジュールは次のとおりです。

■スイセンファンタジー

  • 【開催期間】平成28年3月19日(土)~4月8日(金)
  • 【品種数】約550品種【植栽本数】約100万本
  • 【植栽場所】スイセンガーデン、スイセン見本園

■チューリップWorld

  • 【開催期間】平成28年 4月9日(土)~22日(金)
  • 【品種数】約270品種【植栽本数】約26万本
  • 【植栽場所】たまごの森フラワーガーデン

◎今年は過去最多となる270品種のチューリップが登場します

■ネモフィラ・ハーモニー

  • 【開催期間】平成28年4月23日(土)~5月15日(日)
  • 【植栽本数】約450万本
  • 【植栽場所】みはらしの丘

◎早朝開園:平成28年4月29日(金祝)~5月8日(日)7:30より開園

漁業体験研修事業スタート

ひたちなか市は平成27年度から漁業の新たな担い手を確保しようと磯崎漁業協同組合の協力で、宿泊型の漁業体験研修事業を始めました。

同事業の1回目として平成28年3月19日、シラス漁の乗船体験が行われました。

■ひたちなか市漁業体験研修事業