鼓ヶ崎城(勝田の民話から)14/23

(市報かつた昭和61年10月25日号より。文・平野伸生 絵・穂垣智子)

鼓ヶ崎城

1025
長槍を手にして陣頭にたち、敵兵を迎え撃ちました

むかし、今からおおよそ640年前の室町時代のころ、佐和の鼓ケ崎城の城主に、沢善四郎信綱という殿様が住んでいました。信綱はたいそう文武にたけ、やりの使い手でもあり、鼓の名手でもありました。

室町時代は、世の中が戦乱に明けくれた時代でした。各地で武将の勢力争いの戦いが起こり、このため多くの村びとが苦しんだのです。

戦乱のきざしは、沢(佐和)村にもただよっていました。時の関東管頌足利基氏にそむいた下野国の豪族、下野(しもつげ)禅司を沢善四郎信綱がたすけたため、足利基氏から怒りをかってしまいました。基氏は配下の那珂西(東茨城郡常北町)城主の那珂通泰に、沢善四郎信綱を討つようひそかに命じたのです。 鼓ヶ崎城(勝田の民話から)14/23 の続きを読む

広告