大島中生徒が”清掃マラニック”

地域へ感謝を込めたマラソンコースの清掃活動

大島中学校の生徒が、第64回勝田全国マラソン開催前にコース上をきれいにしようと平成28年1月23日、清掃活動に取り組みました。

この活動は「清掃マラニック」(マラソン+ピクニックをあわせた造語)と名付けられ昨年から始まったもので、参加したのは男女テニス部、サッカー部、陸上部の生徒約100人。生徒たちがコース上で集めたごみの量は燃えるゴミ9袋、燃えないごみ6袋になりました。参加した生徒は「ごみが落ちていないように見えたコースに、これほどごみがあるとは思いませんでした」と驚いていました。

大会当日参加されるランナーや応援する方々も、生徒たちの活動に負けないようにマナーに気をつけてみませんか?

広告