常陽銀行市内各支店と高齢者見守り協定締結

協定書を交わす本間源基市長(左)と(株)常陽銀行ひたちなか支店 広瀬茂支店長
協定書を交わす本間市長(左)と(株)常陽銀行ひたちなか支店広瀬茂支店長
平成27年12月15日、ひたちなか市は、高齢者が安全に、安心して暮らせる地域づくりを目指すことを目的に、(株)常陽銀行ひたちなか支店および市内店と「高齢者見守り活動等への協力に関する協定」を締結しました。同協定の締結は5事業者目。(協定内容の詳細は前回の記事を参照)

本間源基ひたちなか市長は「安心安全に暮らせるまちには、人と人とのつながりや家族の絆などサポートする機能が必要。心強いパートナーができた」と話していました。

広告