勝田の伝説チヂランプウは史実か(昭和の記事から)

市報かつた昭和48年10月10日号から

勝田市の祖先の遺産『虎塚古墳』が発見され大きな反響を呼びましたが、これは事実そのもの。ところで、この勝田市史の上に強烈な印象をうえつけた事実とは別に、勝田市史のなかで解明したい歴史的伝説があります。それを「チヂランプウ伝説」と呼んでいますが、事実なのか、あるいは単なる伝説なのか、さる昭和48年8月24日の夜、この問題をとりあげて行なわれた市民大学の講演の概要を、ここに再録してみましょう。

————————————————–

これから話すのは、馬渡や長砂あるいは阿字ヶ浦の人々の閧に伝わった話です。阿字ヶ浦と、村松のちょうど中間に、沢田というところがあります。ここにはかつて青塚、二亦、大塚という三つの村がありました。そこは、前が1000軒、後が2000軒ほどの部落だったそうです。
1000 ところがあるとき、秋の8月15日から75日間にわたって、東北の大風が吹き荒れ、三つの村の家々はあるいは倒壊し、あるいは砂に埋没して住むことができなくなってしまった。そしてそこの住民は三つの村に分れたといいます。一説にはその一つが横道であり、さらに馬渡、前浜の三つ、そこに移住したといわれています。もう一説では、青塚村と二亦村は馬渡へ、大塚村は前浜に移住したといいます。そして、この大風を名づけて、土地の人は「チヂランプウ」または「チヂランプン」と呼んでいます。

この台風−チヂランプウが吹き荒れたのは、一体、いつごろかといいますと、これかまたいろいろあって、平磯町郷土史や黒沢家氏神の記念碑には元和2年と出ています。その他の記録では、同3年、同初年、同末年、寛永18年などいろいろです。 勝田の伝説チヂランプウは史実か(昭和の記事から) の続きを読む

広告