大切に育てたい。平和と被爆柿の木

阿字ヶ浦小学校「平和を願う柿の木集会」開催

「戦地に今、自分がいたら――? 笑顔と信頼で築こう平和」。児童たちの”平和宣言”が小学校の体育館に高らかに響きます。

20151119_0015
「被爆柿の木2世のお話」

平成27年11月19日、阿字ヶ浦小学校で「平和を願う柿の木集会」が行われました。

同小には長崎市の被爆地から900メートルで被爆した柿の木の種から育てられた苗木「被爆柿の木2世」があります。その2世から”3世”の種が発芽し苗木へと成長したことを記念したものです。

20151119_0036
同小のマスコット「スーパーかきのすけ」が児童に3世の苗木をプレゼント

集会では、被爆柿の木2世が多くの人の手により奇跡の復活を遂げる様子を描いた「平和の紙芝居」を6年生が披露したり、全校児童たちが平和を守る宣言を唱和したりするなど、児童たちは柿の木を通し改めて平和への思いを一つにしました。

20151119_0034
スクリーンに映し出された「平和の紙芝居」
20151119_0069
「世界中の子供たちが」を歌と踊りで披露
広告

消防4署合同の救急技術訓練を開催

ひたちなか・東海広域事務組合消防本部は、平成27年度4署(笹野・田彦・神敷台・東海)合同救急訓練を、平成27年11月19日、旧県立那珂湊第二高等学校で実施しました。

訓練は、救急隊員や通信指令員の救急活動や救急通報聴取の質の向上を目的として昨年から行われているもので、隊員たちは実際の現場活動さながらに取り組んでいました。