脳がよろこぶ!認知症予防教室

「右は三角形、左は四角形」やってみるとなかなか難しいです
「右は三角形、左は四角形」やってみるとなかなか難しいです

平成27年11月6日、松戸体育館で、認知症予防教室「楽しく実践!脳がよろこぶシナプソロジー」が開催されました。

シナプソロジーとは、「2つのことを同時に行う」「左右で違う動きをする」といった普段慣れない動きで視覚・聴覚などの感覚器を刺激して、脳を活性化する体操です。

同教室では、(株)スポーツクラブ ルネサンス水戸の井上秋乃氏を講師に、126人の参加者が「トントンスリスリ」や「右は三角形、左は四角形」などの体操を行いました。

参加者は「とっても楽しかったです。体操はうまくできなかったけれども、脳が活性化されました。また参加したいです」と笑顔や明るい声が絶えなかった教室を楽しみました。

広告