おいしく減塩♪親子クッキング

平成27年8月7日、親子で減塩の大切さや薄味でもおいしい食事づくりができることを学んでもらおうと「おいしく減塩♪親子クッキング」がヘルスケアセンターで開催されました。9組22人の親子が参加してささみのチーズ焼き、ビタミンサラダなどを楽しく料理しました。

_K070711
ささみのチーズ焼き、ビタミンサラダなど ひたちなか市では、高血圧や心筋梗塞の死亡率が多いことから減塩活動に力を入れています

ここでは、レシピとインターンシップで同イベントの取材および撮影を行った茨城県立勝田工業高等学校の生徒2人の記事を紹介します。

レシピの紹介

一人分の栄養価:エネルギー621kcal、塩分1.7g

◆ごはん

  • 1人130g(1人分熱置218kcal,塩分0.0g)

◆ささみのチーズ焼き

(1人分熱量189kcal,塩分0.5g)

《材料…4人分》鶏ささみ4本(200g)、こしょう少々、卵1個、粉チーズ20g、サラダ油大さじ1、パセリ少々、レタス1/2玉、ミニトマト8個、きゅうり30g、塩1g、酢 大さじ1、こしょう少々、サラダ油 大さじ2
【作り方】

  1. ささみは筋をとって食べやすい大きさにそぎ切りし,こしょうをふる。
  2. 卵を溶き,ささみ全面につけ,粉チーズをまぶす。
  3. フライパンに油を熱し,弱火で焦がさないように両面を焼いて火を通す。
  4. 器に盛り,パセリを散らす。
  5. 付け合わせ(A)のレタスは洗って食べやすい大きさに切り,ペーパーで水気をふく。ミニトマトは1/2に切る。きゅうりは斜め薄切りにする。
  6. ドレッシング(B)は,塩・酢・こしょうの順によく混ぜ,サラダ油を加える。食べる直前にもよく混ぜてかける。

◆ビタミンサラダ

(1人分熱量77kcal,塩分0.2g)

《材料…4人分》じゃがいも100g、プロッコリー60g、グリーンアスパラガス40g、トマト100g、マヨネーズ大さじ2、トマトケチャップ大さじ1、酢大さじ1/2、こしょう少々

【作り方】

  1. じゃがいもは皮をむいて一ロサイズに切る。ブロッコリー一は小房に分ける。
    アスパラはピーラーで皮をむき,ななめ3cmに切る。トマトは食べやすい大きさに切る。
  2. じゃがいも,ブロッコリー,アスパラをゆでる。
  3. マヨネーズ,トマトケチャップ,酢,こしょうを混ぜてソースを作る。
  4. 器に2,トマトを盛り,3のソースをかける。

◆花麩のすまし汁

(1人分熱■56kca1,塩分0。9g)

《材料…4人分》絹ごし豆腐1/2丁、わかめ(塩蔵)20g、花麩8個、混合だし汁 3カップ、塩 2g(小さじ1/3)、しょうゆ 小さじ1

【作り方】

  1. 花麩は水で戻しておく。わかめは塩をよく洗い戻しておく。豆腐はさいの目切りにする。
  2. だし汁に塩,しょうゆを加え煮立て,花麩を入れて火を通す。
  3. お椀に豆腐とわかめを盛り,②を入れる。

◆ヨーグルトゼリー

(1人分熱量81kca1,塩分σ1g)

《材料…6個分》粉ゼラチン2袋、水 150cc、牛乳1と1/2カップ、砂糖40g、プレーンヨーグルト3/4カップ

【作り方】

  1. 粉ゼラチンは分量の水でしめらせておく。
  2. 鍋に牛乳と砂糖を入れ,砂糖が溶けるまで火にかけ,ゼラチンも加える。ゼラチンが溶けたら荒熱を取り,ヨーグルトを加えてよく混ぜる。
  3. 水でぬらしたプリンカップなどに流し入れ,冷やし固める。
  4. 3を器に盛り付ける。

記事1

市内に住む小学生の親子を対象とした親子クッキングが、8月7日ヘルスケアセンターで行われました。この親子クッキングでは子どもたちに食育・減塩の大切さを知ってもらおうと、健康推進課主催で行われました。

親子クッキングには、9組22名が参加しました。調理実習が始まる前に、クイズで楽しく減塩の大切さについて学びました。調理が始まると、子どもたちは「これってどうやるの?」「これでいいの?」と自分から進んで調理をしていました。

完成した料理をお皿に盛りつけ、自分たちが作った料理をほおばると、子どもたちはとても笑顔で満足そうな表情をしていました。

記2

平成27年8月7日にヘルスケアセンターで減塩・食育の大切さを学ぶ「親子クッキング」が開催されました。今回のイベントには、9組22人の親子が参加しました。

初めに、常磐大学の学生から減塩・食育の大切さについて講話がありました。

子どもたちは、親や指導員に教えてもらいながら楽しそうに料理をしていました。親は、子どもたちが真剣に料理に取り組む姿を見てとてもうれしそうでした。

食事中には参加者全員がとてもいい笑顔を見せていました。(終)

広告