昭和の記事から15〜稲田のうつりかわり

「市報かつた」に昭和53年から昭和54年にかけて「文化財めぐり」として掲載された”ムラのうつりかわり”(全18回)を紹介します。(15/18)

稲田

(市報かつた昭和54年2月25日号掲載)

佐和駅に近い湊街道沿いの稲田、向場、高野の三つのムラ境に、道祖神社が杞られています。ムラの人びとは、この神様を「道六神様」とよんでいます。

この迫祖神社の由来は、一説によると、浄妙山徳定院東聖寺の住職、第20世香起上人が、横堀(那珂町)の発汗地蔵とともに、四方固めとして祠ったといわれ、創建年代は、今から300年ほど前の天和から貞享年中の頃ともいわれています。

もともと、この道祖神は、道六神とか、塞の神などとよばれ、祭神は猿川彦の神とされていますが、旅の安全や悪疫かムラに侵入してくるのを防いてくれる神様としてムラ境に杞り、古くから信仰されてきました。道祖神社に、よく草鞋(わらじ)が奉納されているのが見かけられるのもこのためです。また、疫病か流行したさい、ムラ境に青竹を立てて、注連縄を張る「ミチキリ」の習俗なども、一種の道祖神信仰といえるでしょう。市域では、この道祖神を杞るムラとしては、稲田の他に高野、枝川などに杞られています。 昭和の記事から15〜稲田のうつりかわり の続きを読む

広告