昭和の記事から14〜田彦のうつりかわり

「市報かつた」に昭和53年から昭和54年にかけて「文化財めぐり」として掲載された”ムラのうつりかわり”(全18回)を紹介します。(14/18)

田彦

(市報かつた昭和54年2月10日号掲載)

「田彦村へ二里有、右ハ岩城海道、左ハ太田街道と有、左ノ方松山ノ内、赤城明神社有、又盗八神と称し、比松山へ盗八ヲ追込ハ、再不出と云、左り方道なし」

これは、寛政3年(1791)に仙波村(水戸)の百姓、深作平右衛門が記した「奥州海道行程記」の一部です。田彦ムラは、江戸時代になって、(岩城相馬街道、浜街道)太田・棚倉街道が整備され、荷駄の継所の重要な宿駅として、発展したムラです。ことに、太田・棚倉街道が整備されてからは、大変にぎわったようです。そこで、江戸時代から、昭和10年代ごろにかけての田彦宿を復原してみましょう。ムラを復原するさい、手がかりとして屋(家)号を調べるのも一つの方法です。田彦ムラは、街道両側に馬宿や旅篭、商店などが建ち並んでいました。 昭和10年ごろの田彦

たとえば、馬宿では、かの屋、平野屋、馬宿があります。旅篭では、さくら屋、やまと屋。商店では、かまや(酒造)、醤油屋(醤油醸造)、伊勢屋(酒屋)、こふく屋、わた屋、さと屋、雑貨屋、油屋、車(水車)、米屋、飴屋、清水屋などがあります。また、職人が屋号として残ったものに、桶屋、畳屋、目伝さん(家伝薬による眼の治療)、馬喰、車大工。このほか、特定な場所が家号となったものに、塚本(一里塚)、宮前、新地向屋敷などがあります。水戸方面から日立方面に向かって、つるや(旅篭、加満やのつぎ)釜や(呉服大物、酒しよう油菜、かのやのつぎ)大黒や(雑貨、釜やのつぎ)日野や(豆腐や、加満やのつきのたたみやと同所) 昭和の記事から14〜田彦のうつりかわり の続きを読む

広告