昭和の記事から10〜堀口のうつりかわり

「市報かつた」に昭和53年から昭和54年にかけて「文化財めぐり」として掲載された”ムラのうつりかわり”(全18回)を紹介します。(10/18)

堀口

(市報かつた昭和53年10月25日号掲載)

かつて「勝田市史民俗編」の出版にあたり、堀口の民俗調査がおこなわれました。その調査結果は「勝田市の民俗」(勝田市史編さん史料2)に収録されています。この中から堀口の戸数の変遷、ムラの大きな出来ごとなどの一部を古老の話から紹介してみましょう。

堀口の集落は、古くは宮林(現在日立製作所勝田工場)の方にありましたが、日照りがあって、現在の地に移住、当時の戸数は5戸くらいだったといわれます。江戸時代の天保年中には33戸、明冶43年ころは21戸に減少、大正10年ころに32戸と天保年中の戸数に戻り、昭和10年代の日立製作所の進出にともない、以後急激に人口増となったと伝えられています。

このように、堀口はムラとしては小規模な方てすが、ムラでのでき事は、時にはムラの大事件として、のちのちまても語り伝えられています。例えば、明治36年ごろ、赤痢が流行して、7、8人死亡したといわれ、また、明治43年ごろに、お彼岸の餅をやいていて出火し、ムラ全体で20戸の戸数のうち、7戸も焼失するという大火に見舞われたことなどが語り伝えられています。 昭和の記事から10〜堀口のうつりかわり の続きを読む

広告