昭和の記事から9〜市毛のうつりかわり

「市報かつた」に昭和53年から昭和54年にかけて「文化財めぐり」として掲載された”ムラのうつりかわり”(全18回)を紹介します。(9/18)

市毛

(市報かつた昭和53年9月25日号掲載)

古来から、道路は単に人が行き来するための生活道路であったばかりではなく、中央と地方を結ぶ国家統制のうえからも、重要な意味をもっていました。たとえば、奈良時代には諸国に駅家を設置したり、鎌倉時代の鎌倉街道とよばれる古道が各地にみられるのもそれです。

現在市域の国道、県道は、江戸時代に定められた道路とみてよいでしょう。徳川幕府は、慶長9年(1604)に、まず旅行者の使用はかるために諸街道に一里塚を築かせ、そこに榎を植えさせるなど街道を整備させています。

現在の国道6号線は、江戸時代は江戸と水戸を結ぶ水戸街道、水戸から岩(磐)城平、陸興相馬を結ぶ岩城街道とよばれていました。明治5年5月の布告で、武州千住(東京)から常州水戸を経て陸前(宮城県)岩沼に至る道路が「陸前浜街道」と改称されました。明治6年8月には「河港道路修築規定」によって、陸前浜街道は二等河港道路に指定されています。さらに、明治9年6月には、等級が廃止されて国道、県道、里道の三道に区分され、道幅なども定められました。 昭和の記事から9〜市毛のうつりかわり の続きを読む

広告