昭和の記事から6〜三反田のうつりかわり

「市報かつた」に昭和53年から昭和54年にかけて「文化財めぐり」として掲載された”ムラのうつりかわり”(全18回)を紹介します。(6/18)

三反田

(市報かつた昭和53年8月10日号掲載)

「プットーひった武衛門さん、その屁をかんだカソエム(勘衛門)さん、利ロショウエム(庄衛門)、我道甚平、蜆塚新兵衛、原半平、キヌブルイ(絹諦)、ケブルイ(毛翻)岡田のオカエム(岡衛門)ヨオーイヤサ。」

この文句は、明治の半ばごろ三反田の若衆連が、村祭りの御神輿出しのさい、ムラの中老達に注意され、それに反発して、このような文句を書き、神社の拝殿の戸に粘ったといわれています。意味は中老達がムラ協議のさい、まず、きまって談合の席で口火をきるのが圷坪の武衛門、それに調子を合わせる勘衛門、高井坪の庄衛門は思慮深い、言い出したら後に引かない甚平と蜆塚坪の新兵衛と原坪の半平、最後に絹や毛を締にかけるように物言に細かい岡田坪の岡衛門が出て、ようやくムラ協議が決まるという意味です。

三反田は圷、高井、岡田、蜆塚、新平などの各坪から構成されており、市域では一番大きなムラです。祭礼をはじめ、ムラの諸行事を実施するにあたって、それぞれの坪の代表者の中老達が集まって協議されるわけですが、ムラのもめごとなど難しい問題に直面した場合、「斉藤山会議」とよばれる特定な場所でムラ協議がおこなわれるなど、ともあれ、ムラやそこに集まる中老達の性格、特徴をよくあらわしている興味深い文句です。 昭和の記事から6〜三反田のうつりかわり の続きを読む

広告