昭和の記事から5〜金上のうつりかわり

「市報かつた」に昭和53年から昭和54年にかけて「文化財めぐり」として掲載された”ムラのうつりかわり”(全18回)を紹介します。(5/18)

金上

(市報かつた昭和53年7月25日号掲載)

ムラにはそのムラの特産物などがあります。「中根カボチャ」、三反田の「ゴンゾウネギ」、「勝倉麦」、馬渡の「カンソウイモ」などが有名です。金上の「金上大根」、「金上さつま」も、かつては特産物として県内でも広く知られていました。

「金上大根」の歴史は古く、江戸時代後期のころ、金上村の百姓、西野常三郎が冨士、浅間、石尊参詣の帰り、大根の種子を買い求めてきたのがはじまりといわれています。常三郎は、後に採種の方法を改良するなどして、大根栽培の普及につとめ、文化年中(1804-1829)のころには、金上全村にわたり栽培されたといわれます。明治末期ごろには、西野利衛門らによって、さらに品種改良され、これまで尻つまりであったものが、尻細の尾長大根に改良されました。

大正5年勝田村の大根作付面積と生産高をみると、24町8反歩、生産本数百万本で、もちろん、主要生産地は全上です。大根の主な出荷先はも水戸や多賀郡内の鉱山や炭鉱、あるいは、那珂湊方面となっていました。一方、「金上さつま」は、「川越」とよばれる品種で、皮が赤く、中身が黄色で、別名「キントキ」などともよはれ、食用として好評を得た甘藷です。 昭和の記事から5〜金上のうつりかわり の続きを読む

広告