あきらめない心を大切に

湊三小で「スポーツ笑顔の教室」を開催

那珂湊第三小学校で、平成27年6月19日、「スポーツ笑顔の教室」が開催され、”夢先生”として元バレーボール・ビーチバレーボール日本代表選手の朝日健太郎さんがやってきました。

同教室は、東日本大震災被災地の子どもたちの「こころの回復」を応援する「スポーツこころのプロジェクト」の一つで、”遊びの時間”と”対話の時間”の2部構成で行われました。

_6194429
湊三小5年生の児童たちから”ケンちゃん先生”と呼ばれ、作戦会議をする朝日さん

”遊びの時間”では、特別ルールの「鬼ごっこ」と「だるまさんが転んだ」が行われ、仲間と協力することの大切さを学びました。

_6194485
諦めないことの大切さを児童たちに話す朝日さん

”対話の時間”では、朝日さんが小中学生時代のエピソードを披露。当時は体育が嫌いで、始めたサッカーやバレーボールも、最初はうまくプレーできませんでしたが、それでも辞めることなく続けてきたといいます。「コツコツと続けていって諦めない心を大切にしてほしい」と朝日さんは児童たちに熱く語っていました。

 

広告