昭和の記事から3〜武田のうつりかわり

「市報かつた」に昭和53年から昭和54年にかけて「文化財めぐり」として掲載された”ムラのうつりかわり”(全18回)を紹介します。(3/18)

武田

(市報かつた昭和53年6月25日号掲載)

常磐線の開通、勝田駅の設置、湊鉄道の開通、岩佐鉄工所、日立製作所の進出、勝田町の誕生というような歴史的経過をたどり、現在武田は、市の中心地となり繁栄しています。

武田は元町、中央町(一部)、泉町、春日町、本町など、その大部分の地域が都市開発によって、それぞれ区画変更がおこなわれ、新しい町名がつけられていますが、もともとこの地域は、いずれも昭和10年の半ばのころまで、広い山林や原野におおわれていました。そこで常磐線、勝田駅、湊線の開通などの歴史を少しくわしくふれておきましょう。

勝田駅
勝田駅

明治25年6月「鉄道敷法」が公布された3年後の明治28年11月、初めて水戸・土浦間が開通、翌年の12月には田端・土浦間が開通、明治31年8月23日水戸・岩沼間が開通して、今日の常磐線が全面開通しました。この常磐線は、初めは日本鉄道海岸線とよばれていましたが、明治39年10月「鉄道国有法」の制定によって、常磐線と改称されました。常磐線の開通にともない、明治30年2月25日に、佐和駅が開業しましたが、勝田駅の開業は、それから14年後の明治43年3月18日でした。この間、勝田駅を設置する計画がなかったわけではありません。当時の勝田村、中野村など大部分の村民たちにとって、病気のときや、買物、あるいは農作物の売買などは、水戸の下市とか那珂湊まで行かなければ用がたせないといった、いわは重要な生活圏の問題でもありました。そこで明治36年4月10日、当時の勝田村長大谷新介は、武田地内の常磐線に駅を設置する付帯条件として武田、那珂湊、平磯を結ぶ武平道の布設を申請し、それから10年後の大正2年12月に、今日の湊線が開通しました。 昭和の記事から3〜武田のうつりかわり の続きを読む

広告

昭和の記事から2〜東石川のうつりかわり

「市報かつた」に昭和53年から昭和54年にかけて「文化財めぐり」として掲載された”ムラのうつりかわり”(全18回)を紹介します。(2/18)

東石川

(市報かつた昭和53年6月10日号掲載)

勝田市の中央部に位置する東石川は、新興都市勝田の発展とともに、これほど大きく変ぼうしたムラもまれでしょう。日中戦争がはじまった昭和12年、そのころ大陸にいる兵隊にあてた小学児童の慰問の手紙に、現在の電報電話局付近から駅にいたるわずか数百メートルの道すじが、山林におおわれていて、一人ではさみしかったと書かれています。

IMG3804
昭和43年の市役所本庁舎付近

東石川に初めて電気か引かれたのが昭和3、4年ごろ、大島・外野が14、5年ごろで、大正9年佐和駅前に電気が引かれたのに遅れること20年後であったから、いかにひなびた寒村であったことがしのばれます。

この東石川が大きな転換期をむかえたのが、日立製作所の進出にともなう昭和15年の勝田町の誕生でした。駅に近い隣接の武田地内に真新しい町役場が建てられ、また、中根小学校東石川分教場に通う一部の学年を除いて、それまで六ツ野、笹野原を通り4キロメートルほどもある道のりを通学していた生徒が、翌16年から東石川小学校に通学するなど、驚くような変ぼうぶりでした。 昭和の記事から2〜東石川のうつりかわり の続きを読む

おんがくマルシェ開催

_S280262
音楽ブースでは12団体が演奏を披露しました

音楽を通じたまちづくりを推進しているひたちなか音楽のまちづくり実行委員会(ひたちなかサウンドシップ)が、平成27年6月28日、東石川第二公園で「おんがくマルシェ」を開催しました。

「おんがくマルシェ」は、ひたちなかサウンドシップの登録メンバーが子どもから大人まで楽しめる”食と遊びと音楽のふれあい市場”として企画したもので、会場には音楽ステージのほか「遊び」「オトイク(音育)」「フード」「アイテム」の4つのブースが設けられました。

来場者は、思い思いのスタイルで音楽が流れる空間を楽しんでいました。

_S280243
会場内には食品、飲食、雑貨販売などのブースが軒を並べました

薬物の乱用は「ダメ。ゼッタイ。」

ヤング街頭キャンペーンを実施

国民一人一人に薬物乱用問題に関する認識を高めるため、正しい知識の普及、広報啓発をしようと、平成27年6月27日、「ダメ。ゼッタイ。」普及運動626ヤング街頭キャンペーンが、マルト春日店で行われました。

このキャンペーンには、勝田第一中学校生徒11人をはじめひたちなか警察署、ライオンズクラブ、茨城県薬物乱用防止指導員など約90人が参加し、パンフレットやポケットティッシュの啓発グッズを来店者に配り、薬物乱用防止を訴えました。

_DSC7703
「危険ドラッグは大変危険です」と呼びかける勝田一中生

「ダメ。ゼッタイ。」普及運動は、厚生労働省、都道府県および(公財)麻薬・覚せい剤乱用防止センターが主催となり、6月20日~7月19日までの1カ月実施されています。あわせて「国際麻薬乱用撲滅デー」の周知も行われています。

_6274692
勝田一中の薬物乱用防止活動に対する取組みに茨城県から感謝状が贈られました

昭和の記事から1〜中根のうつりかわり

「市報かつた」に昭和53年から昭和54年にかけて「文化財めぐり」として掲載された”ムラのうつりかわり”(全18回)を紹介します。(1/18)

中根

(市報かつた昭和53年5月25日号掲載)

中根は有名な虎塚や十五郎穴をはじめ、無土器時代の後野遺跡、縄文時代の君ケ台遺跡、弥生時代の東中根遺跡、その他中根城跡、福島藩士の墓など、遺跡や史跡に恵まれたムラです。中丸川・木郷川流域の台地には、早くから人々が生活を営み、後野遺跡から出土した石器などから年代を難測すると一万年前にまで遡るだろうともいわれています。 昭和の記事から1〜中根のうつりかわり の続きを読む

昭和の那珂湊漁港(外港)起工式と開港式

昭和47年に開港した那珂湊漁港の外港の起工式と開港式の画像を公開しました。

(市報なかみなと昭和47年6月25日号より)

県下一を誇る那珂外港・盛大に開港式

水産都市として、ますます発展する那珂湊市、那珂湊漁港も、最近とみに大型化する漁船のために河口からの入港が困難になり、昭和38年度より第三次漁港整備計画を進め、さらに第四次整備と9年の歳月と18億円の巨費を投じて、かねてから、懸案の外港が、このほど完成、その開港式典がさる5月27日那珂湊市魚市場において、盛大に行なわれました。 昭和の那珂湊漁港(外港)起工式と開港式 の続きを読む

平成27年度市政懇談会開催

懇談の様子(勝田二中学区)

まちづくりへ貴重な提言をいただく

平成27年6月20日、21日に、ひたちなか市内の勝田一中・勝田三中・勝田二中・大島中学校地区で市政懇談会が行われました。

市政懇談会は、市民との協働による住みよい豊かなまちづくりを進めていくため、予算や主要事業など説明し、地域の皆さんが日ごろ考えている意見などを提案いただく懇談の場として毎年開催しています。

残りの地区は、6月27日、28日に行われます。

磯のまちをノルディックウォーキング

総合型地域スポーツクラブのみなとwaiwaiクラブ常陸大宮市の共催で、平成27年6月20日、ノルデックウォーキング体験教室を平磯海岸通りで開催しました。

参加者50人は、ウォーミングアップと基本レッスンを行ったあと、茨城県水産試験場前〜平磯ビーチ間を中生代白亜紀層の展望と潮風を楽しみながら心地よい汗を流していました。

枝川小PTA親子サッカー教室が開催

平成27年6月20日、枝川小学校で「平成27年度枝川小学校PTA親子サッカー教室」が開催されました。

同教室は同小放課後子ども教室の事業として行われ、水戸ホーリーホックからアカデミーコーチの押鐘正幸さん、檜山魁斗さん、宮本佑樹さんの3人が招かれました。

同教室では、親子レクリエーションや親子が対戦したサッカーゲームが行われ、参加した親子は一つのボールを楽しそうに追いかけていました。