昭和の勤労青少年ホーム(現・青少年センター)

昭和の勝田勤労青少年ホームの画像を公開しました。現在は青少年センターとなっています。

(市報かつた昭和42年11月15日号)

勤労青少年ホームの建設
娯楽と教養の殿堂に

市では労働省の補助をうけて市内中央町(公民館側)に勤労青少年ホームを建設する予定で準備をすすめてきましたが、このほど工事請負者もきまり工事を始めました。

この勤労青少年ホームは、中小企業に働く青少年労働者のための施設で、これを利用して教養や趣味、娯楽などを大いにのばし楽しんでもらうために建設するわけです。

建設の規模は、欽筋コンクリートニ階建で、総面積が720平方メートル。一階には娯楽室、談話堅、ホール、事務室などがあり、二階には体育室、講習室、図雷室、集会室、茶室などがあります。

総工費は2250万円。工事請負者は日立市の秋山工務店で工事は11月にはじまり来年の3月には完成する予定です。

市では、この勤労青少年ホームが完成し次第、ホームを主体とした各種の事業をおこない、青少年の健全な育成をはかる計画です。

そのために、5名程度の職員を配置し、実務教育、一般教養のための講習会を系統的にひらくほか、職業相談など各種の相談などをおこなっていく予定です。

中小企業勤労者の多い当市にとって、非常に期待される施設だといえるでしよう。

(市報かつた昭和43年3月15日号)

勤労青少年ホーム間もなく完成

昨年の11月から中央町商工会館うらに建設を急いでいた勤労青少年ホームは、間もなく完成の予定です。建築面積は鉄筋コンクリート2階建で、720平方メートル。総工費2,250万円。中小企業に勤める青少年のための施設で、娯楽・体育室はもちろん茶室まである近代的な建物です。5月1日開館の予定ですが、ぜひご利用ください。

(市報かつた昭和44年6月15日号)

勤労青少年ホームの建設完成
7月から開館
中小企業に働く若者のために

中小企業などに働く青少年のための施設である「勤労青少年ホーム」は、さる11月から中央町に建設を急いでいましたが、このほど完成し、7月から開館することになりました。中小企業に働く青少年のみなさんが多い勝田市にとっては、これからの活発な利用が期待されます。そのためには、まず青少年のみなさん自身が「おれたちのホームだ」ということで、この施設をよく知っていただき、娯楽に、体育に、読書にどしどし利用していただきたいと思います。

娯楽室、体育室など完備。総工費は2250万円
備品は商店会などの善意の寄付

勤労青少年ホームは、福祉施設にめぐまれない中小企業(商店もふくむ)に働く青少年が、娯楽や教養のための施設として使用するためにつくられたものです。

建設された場所は、市内中央町(商工会館の南側)で、勝田駅から徒歩5分の便利なところです。ホームの建築規模は720平方メートルで、鉄筋コンクリート2階建。総工費は2250万円。
一階には娯楽室と談話室などがあり、娯楽察では喫茶、軽食などもとれるようになっています。2階には体育室、講習室図書室などがあり、身体をきたえたり学んだりする施設が完備されているわけです。

ホームの利用は…

青少年ホームの利用については市の青少年ホーム管理条例にもとづいておこなっていただくわけですが、貝体的には次の手続きをしていただきます。

  1. ホームを利用しようとする方はホーム利用証交付申請書に、勤め先の事業主の証明と自分の写真2枚をそえて、ホーム事務室へ提出していただく。
  2. この申請書にしたがって、ホームでは利用証を発行します。ホーム利用の際に受付にこの利用証を見せていただけば、それでよいわけです。もちろん無料です。また、利用の仕方としては、個人利用、グループ利用があるわけですが、いずれでも利用者の自由です。
その資格は……

ホーム利用については、一定の資格が必要なわけです。この資格は次のとおりです。

  1. 市内の中小企業に勤務しているもの。もちろん、商店もふくみます
  2. 年齢が15歳以上25歳以下であるもの。もちろん、性別にはまったぐ関係ありません。
ホームの事業計画

ホームは中小企業に働く青少年のみなさんにご自由に使っていただくわけですが、そうした利用をより有意義にするため、ホームではみなさんのためにいろいろな事業を計画しています。

たとえば、お花やお茶の講習会文化講演会や音楽会など。もちろん、体育の各種の講習会など体育、スポーツ関係の事業も行ないます。

また、職業相談、人生相談などもおこなうことになっています。なお、青少年ホームの備品については、商店会などのあたたかいご協力によって購入されました。ホーム利用の時間などは次のとおりです。

▼開館の時聞

  • 平日午後1時から午後9時
  • 日曜日午前9時から午後5時

▼休館日

  1. 毎月第2、第4、第5日曜日
  2. 日曜日に開館した週の水曜日
  3. 国民の祝日
  4. 12月29日から1月3日まで

(市報かつた昭和44年6月15日号)

勤労青少年ホームの建設完成
7月から開館
中小企業に働く若者のために

中小企業などに働く青少年のための施設である「勤労青少年ホーム」は、さる11月から中央町に建設を急いでいましたが、このほど完成し、7月から開館することになりました。中小企業に働く青少年のみなさんが多い勝田市にとっては、これからの活発な利用が期待されます。そのためには、まず青少年のみなさん自身が「おれたちのホームだ」ということで、この施設をよく知っていただき、娯楽に、体育に、読書にどしどし利用していただきたいと思います

娯楽室、体育室など完備。総工費は2250万円
備品は商店会などの善意の寄付

勤労青少年ホームは、福祉施設にめぐまれない中小企業(商店もふくむ)に働く青少年が、娯楽や教養のための施設として使用するためにつくられたものです。

建設された場所は、市内中央町(商工会館の南側)で、勝田駅から徒歩5分の便利なところです。ホームの建築規模は720平方メートルで、鉄筋コンクリート2階建。総工費は2250万円。

一階には娯楽室と談話室などがあり、娯楽察では喫茶、軽食などもとれるようになっています。2階には体育室、講習室図書室などがあり、身体をきたえたり学んだりする施設が完備されているわけです。

ホームの利用は…

青少年ホームの利用については市の青少年ホーム管理条例にもとづいておこなっていただくわけですが、貝体的には次の手続きをしていただきます。

  1. ホームを利用しようとする方はホーム利用証交付申請書に、勤め先の事業主の証明と自分の写真2枚をそえて、ホーム事務室へ提出していただく。
  2. この申請書にしたがって、ホームでは利用証を発行します。ホーム利用の際に受付にこの利用証を見せていただけば、それでよいわけです。もちろん無料です。また、利用の仕方としては、個人利用、グループ利用があるわけですが、いずれでも利用者の自由です。
その資格は……

ホーム利用については、一定の資格が必要なわけです。この資格は次のとおりです。

  1. 市内の中小企業に勤務しているもの。もちろん、商店もふくみます
  2. 年齢が15歳以上25歳以下であるもの。もちろん、性別にはまったぐ関係ありません。
ホームの事業計画

ホームは中小企業に働く青少年のみなさんにご自由に使っていただくわけですが、そうした利用をより有意義にするため、ホームではみなさんのためにいろいろな事業を計画しています。

たとえば、お花やお茶の講習会文化講演会や音楽会など。もちろん、体育の各種の講習会など体育、スポーツ関係の事業も行ないます。

また、職業相談、人生相談などもおこなうことになっています。なお、青少年ホームの備品については、商店会などのあたたかいご協力によって購入されました。ホーム利用の時間などは次のとおりです。

▼開館の時聞

  • 平日午後1時から午後9時
  • 日曜日午前9時から午後5時

▼休館日

  1. 毎月第2、第4、第5日曜日
  2. 日曜日に開館した週の水曜日
  3. 国民の祝日
  4. 12月29日から1月3日まで
広告