第119回ボストンマラソン派遣選手団結団式・壮行会

写真左から内山真由美選手、本間源基市長、夜久涼子選手
写真左から内山選手、本間市長、夜久選手

平成27年3月22日、「ボストンマラソン派遣選手団結団式・壮行会」が、ひたちなか市内のホテルで行われました。「第63回勝田全国マラソン大会」で上位の成績を収めた5人が、平成27年4月20日に米国で開催される「第119回ボストンマラソン」に出場します。

式では、選手代表として内山真由美選手が選手宣誓をし、本間源基市長が「勝田の風をボストンでも吹かせてほしい」と激励しました。

選手宣誓をする内山真由美選手
選手宣誓をする内山選手

市内枠で派遣される夜久涼子選手は、過去に母親が派遣選手として参加したことがあり、親子2代で派遣となりました。夜久選手は「母も絶対いい経験になると応援してくれてるので、持てる力を出し切ってボストンの街を走ってきます」と大会への抱負を話していました。

◼派遣選手

全国枠

  • 千田 洋輔((株)日立物流・千葉県)
  • 坂本 隆哉(東京陸協・東京都)
  • 内山 真由美(山梨学院大学・山梨県)

市内枠

  • 荒井 宏樹(笠松走友会)
  • 夜久 涼子(SHANカイロ)

※ボストンマラソンへの派遣は「第35回勝田全国マラソン大会」から始まり、今回で合計199人の派遣となります。

広告