ーE〜CO(えーこ)としてる ひたちなかー

環境四季時計『冬まつり』環境シンポジウム2015

環境保全活動の振興と環境意識の啓発を目的とした「環境四季時計『冬祭り』環境シンポジウム2015」(主催:ひたちなか市の環境を良くする会、ひたちなか市)が、平成27年2月11日にワークプラザ勝田で開催され、約240人が参加しました。

 シンポジウムは、ひたちなか市環境保全啓発ポスターコンクールの表彰、エコに関する活動発表と、『冬まつり』としてアトラクションとおたのしみ抽選会が行われました。

 活動発表では、堀口小学校三反田小学校阿字ケ浦中学校(株)砂押園芸がそれぞれ取り組んでいる環境活動や研究成果について発表しました。


広告

読み聞かせ列車3710図書館号、出発進行!

_2111484
3710図書館号には20組50人が乗車しました

平成27年2月11日、ひたちなか海浜鉄道那珂湊駅で、未就学児を対象とした読み聞かせイベント「読み聞かせ列車3710(みなと)としょかん号」(主催:那珂湊図書館)が行われました。

同イベントは、図書館を飛び出して読み聞かせを行おうと企画し、ひたちなか海浜鉄道(株)とのコラボレーションで開催されたもので、初めての試み。

読み聞かせは、月一回那珂湊図書館で読み聞かせをしている「おはなしのドア」(代表:軍司郁)のみなさんが、「でんしゃにのって」「泣いたあかおに」などの読み聞かせを披露し、子どもたちは、身を乗り出したり、目を輝かせたりしながら聞き入っていました。

【おはなしのドア】

平成9年から活動を始め、月1回の那珂湊図書館での読み聞かせのほか、小学校や福祉施設で活動している。メンバーは15人。