つみれ汁作りに挑戦~家庭科体験学習

食育への理解を深めてもらおうと「つみれ汁作り体験学習」が平成26年11月14日と19日、那珂湊第三小学校で開かれました。

つみれ汁作り体験は、6年生の家庭科授業で行われ、外部講師として料理研究家で食育指導士の千葉信一さんが招かれました。千葉さんは包丁などの調理道具や、茨城県水産試験場のパネルを使って未利用魚の説明を行い、「地元の食材は新鮮で、安く手に入れることができます」と地産地消の重要性を説明しながら、調理を実演。

児童たちは、那珂湊漁港で水揚げされたばかりのサンマや、地元産の野菜などを使ったつみれ汁作りに挑戦しました。

みんなで協力して作りあげたつみれ汁を食べた児童たちは、口々に「おいしい」を連発していました。

広告