第3回世界タコ焼きグランプリ

DSC_1236-1
カレーとたこ焼きの組み合わせで見事グランプリに輝いた印度屋らんがるチーム

タコ焼きと世界各国の味がコラボレーション

平成26年10月26日、日本一のタコ加工量を誇るひたちなか市をPRしようと「第3回世界タコ焼きグランプリ」(主催:ひたちなか商工会議所・魚のおいしいまちひたちなか推進協議会)が那珂湊魚市場で開催されました。国際色豊かな7チームが参加し、自慢の創作タコ焼きをインドやメキシコなど各国の味でグランプリを競いました。

タコ焼きを試食した子どもたちは、「いろんなたこ焼きがあって楽しかった。どれもおいしくて選べないよ」と笑顔で話していました。

DSC_1265-1
試食を行い、お気に入りのたこ焼きに投票

 【入賞チーム(国名・たこ焼き名)】

グランプリ

  • 印度屋らんがるチーム(インド・インドマサラたこ焼き)

特別賞

  • マリア&サザコーヒーチーム(メキシコ・Toco amigoたこ焼き)
広告

生涯学習センターまつりと青少年センターハロウィン祭り

_1010058
生涯学習センターまつり

平成26年10月26日、「ひたちなか市生涯学習センターまつり」と「青少年センターハロウィンパーティー2014」が開催されました。

生涯学習センターは、日ごろの利用者の活動内容が展示・発表されました。

_1010052
ハロウィンパーティ2014

「ハロウィンパーティ2014」は、青少年センターの利用者団体が主催し4回目の開催。ハロウィンムードで飾り付けられた会場には、仮装した来場者も訪れ、ハロウィンの雰囲気を楽しんでいました。

生涯学習センターまつりと青少年センターハロウィン祭り の続きを読む

第30回みなと産業祭

DSC_1184-1

みなとのいいとこいっぱい

平成26年10月26日、水産業や農業、商工業など那珂湊の産業を楽しんでもらおうと第30回みなと産業祭(主催:みなと産業祭実行委員会)が那珂湊魚市場で開催されました。

今回は、ひたちなか市誕生20周年、ひたちなか商工会議所設立10周年ならびに30回目を迎えた同産業祭を記念し、茨城県立海洋高等学校の生徒によるカツオ解体ショー、おみこしの場内練り歩き、上棟式が行われたほか、新鮮な魚や野菜の販売、あんこうの吊るし切りなどが行われ、大勢の来場者でにぎわいました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

合い言葉はBe Smart!

_A250025

平成26年10月23日、那珂湊第一小学校で地域に学校生活の一日を公開する「みなとっ子スクール」が開催され、元米海軍横須賀基地消防隊の長谷川祐子さん(リスクコミュニケーター)を講師として「生き抜く力を育てるリスクウォッチー親子で学ぼう 命を守る知恵」と題して親子講演会が行われました。

講演では、米海軍横須賀基地で実施している「自分の命は自分で守る」を中心とした予防教育が紹介され、児童たちは、「自分自身が危機を脱する」という防災や防犯のロールプレイに真剣に取り組んでいました。

_A250064
Stop、Drop and Roll。自分の体に火がついたときの対処方法を学びます

講演を聞き終えた児童は、「いざというときに冷静に考えることの大切さがわかりました。教えていただいたことを生活に生かしたい」と感想を話していました。

_A250085
講演会終了後、児童から花束を贈られる長谷川さん

創立50周年を迎えた茨高専学園祭に出展

_A250093

平成26年10月25日と26日に開催された国立茨城工業高等専門学校茨香祭(文化祭)にひたちなか市のブースを出展しました。

_A250092
昔懐かしい勝田市と那珂湊市時代のビデオを放映

ひたちなか市誕生20周年と茨城工業高等専門学校創立50周年を記念したもので、ひたちなか市商工振興課と女性生活課がブースを出展して、同祭を盛り上げました。

_A250094
茨香祭実行委員長の大槻颯さん(3年)。「創立50周年ということもあり、今回の茨香祭は先生も学生も気合を入れて準備しました」

親子ふれあい料理教室_湊一小

DSC01681 平成26年10月19日、那珂湊第一小学校で「親子ふれあい料理教室」が行われました。

児童たちは、講師の先生の手ほどきを受けながら保護者とともにら真剣な表情で調理をしていました。

また、一般社団法人茨城県高圧ガス保安協会から社会貢献事業の一環として、同小の家庭科室にガス台6台の寄贈がありました。

DSC01700
メニューは「野菜たっぷりカレー」、「みそ汁」、「白玉だんご」
_A250088
寄贈されたガス台

市報ひたちなかバックナンバーを公開しました

backnum

「市報ひたちなか」は、平成6年12月25日号を創刊号として、毎月10日と25日に発行してきました。

このたび、ひたちなか市誕生20周年を記念してこれまで発行した「市報ひたちなか」のバックナンバーをPDF版として公開しました。ひたちなか市の歩みを振り返ってみてはいかがでしょうか?

【公開先】

  • Googleドライブ

https://drive.google.com/open?id=0B4IQFsHyqckBUkdLdkM1VDBiZEE&authuser=0

健康な体は食生活から~食生活改善推進委員の活動

食生活改善のボランティア活動を行なっているひたちなか市食生活改善推進員連絡協議会主催の「平成26年度料理コンクール」が、平成26年10月17日、ヘルス・ケア・センターで行われました。

生活習慣病を食生活から予防・改善しようと毎年開催しているもので、市内9地区から参加した91人の食生活改善推進員が、「おいしく減塩!青魚を使ったメニュー」をテーマに料理を作りました。(各料理のレシピ等は健康推進課に問い合わせください)


栄養のバランスや独創性、味付けなどを審査した結果、田彦中地区が最優秀賞のひたちなか市長賞に輝きました。

その他の受賞団体は次のとおりです。

  • ひたちなか市長賞:田彦中地区
  • ひたちなか保健所長賞:勝田三中学区
  • ひたちなか市医師会長賞:二中地区
  • ひたちなか市健康づくり推進協議会長賞:勝田一中学区
  • ひたちなか市食生活改善推進委員連絡協議会長賞:湊二小地区

健康な体は食生活から~食生活改善推進委員の活動 の続きを読む

下水道促進週間コンクールの最優秀賞入賞者を紹介します

下水道への理解と関心を深めてもらおうと、「下水道促進週間コンクール」が行われ、絵画・ポスター部門をはじめとする4部門に3,293点の応募がありました。

その中から最優秀賞を受賞した方を紹介します。

 【コンクール最優秀賞入賞者】

絵画・ポスター部門

  • 田彦小学校2年 堀内秀矢
  • 勝田第三中学校3年 平山双葉

作文部門

  • 大島中学校3年 天海瑞季

書道部門

  • 前渡小学校5年 黒澤瑞季
  • 大島中学校3年 深井可奈子

標語部門

  • 田彦中学校1年 槍崎颯太
gesui
9月10日の「下水道の日」を中心に行われる下水道促進週間に合わせて、平成26年9月13日から21日まで市役所本庁舎1階市民ホールで作品の展示が行われた。