学び、友情を深めた洋上学習

「出あい、ふれあい、学びあい。みんなでつくろう思い出の旅」をスローガンに、平成26年7月20〜24日の行程で平成26年度ひたちなか市洋上学習(ひたちなか市、ひたちなか市教育委員会主催)が行われました。

同事業は、小学6年生を対象にフェリーでの宿泊を伴う共同生活、北海道の大自然との出会い、地域の産業や文化とのふれ合い、人々との交流等を通して、豊かな人間性や社会性を育むことを目的に開催しているもので、今年で24回目。

洋上学習の参加児童216人は、大洗港からフェリーで北海道苫小牧港に向かい、夕張市や札幌市などを訪れ、体験活動や小樽市、札幌市の散策などグループ活動を行いました。

参加児童は、「多くの人や友だちとふれ合うことでたくさんの思い出ができました。この体験を生かして、これからの生活につなげていきたいです」と話していました。

広告