昭和の石川町プール(旧勝田市営プール)

昭和の石川町プールの画像を公開しました。

【所在地】茨城県ひたちなか市石川町25

【定休日】毎週月曜日

  • 50m
  • 25m
  • 幼児プール

【夏季営業】7月1日から8月31日

(市報かつた昭和39年3月10日号より)

市営プール建設工事始まる
体育と娯楽の殿堂
幼児から婦人まで楽しめる4つのプール

市ではこのほど東石川地内(日製健保スポーツクラブ裏)に市営プールの建設をはじめました。これについてはすでに昭和35年から計画を練ってきましたが、本年度において予算化も実現し着工のはこびとなったものです。
この市営プール建設事業は、昭和38年度および昭和39年度の2カ年にわたって施工されますが、今年の水泳シーズンごろにには一部完成し、使用もできます。
また、同プールは単に水泳愛好者ばかりでなく、幼児、婦人、老人を含めたあらゆる階層の市民が利用し楽しめるように、50mプール、25mプール、徒歩プール、ダイビングプールの4つが建設される予定です。これらのプールはいずれも、循環式浄化装置によって水が常に清浄を保たれることになっています。
いずれにしろ、これらの水泳施設が完成すれば、市民のための体育と娯楽の殿堂として親しまれ、大きな役割を果たすことでしょう

(市報かつた昭和39年8月10日号より)

市営プール開設
さあ、カッパ天国だ
子供たちはおおはしゃぎ

7月21日午前10時から勝田市営プールのプール開きが盛大に行なわれました。
このプール開きは、市から助役教育長など関係者一同が出席したほか招待者約200人が出席して行なわれまレた。
午前11時、大峯市教育委員長と菱沼福祉事務所長の手で、プール中央に張られた紅白のテープが切られ、目出たくプール開きが終りました。
このあと、田冶見日本水連理事などの模範水泳が披露され、招待者の盛大な拍手を浴ひました。
また午後1時からは、プール開きを記念して市民にプールが無料開放されましたが、これには約1000人の市民たちが訪れ、大にぎわいでした。とくにこの日はいままでの梅雨模様のぐづついた天気が上ってプールサイトに夏の陽が照りかえるという好天気のため、プールにつかった子供たちは白い飛沫をあげて大はしゃぎでした。
夏休みを迎えた子供たちにとっては、これからの毎日がカッパ天国ということで、市営プールの完成は何よりのプレゼントということができるでしょう。また、市営プールに遊ぶこうした子供たちの中から素晴らしいオリンピック選手か何人も生れることでしょう。

広告