1000人の大潮干狩り

1967年5月14日、児童福祉週間にあわせて行われた親子潮干狩りの画像を公開しました。

(市政だより「なかみなと」昭和42年5月25日号より)

盛況だった児童福祉週間~1000人の大潮干狩り。勝田自衛隊も音楽のプレゼント

児童福祉週間の最後を飾る親子潮干狩大会は、5月14日午前9時半から平磯中学校下の海岸で、保育園幼稚園児、小中学生およびその父兄約1000人が参加、盛大に行われました。この日は薄曇りでしたが、無風の上に気温が高く、絶好の潮干びよりとあって、遠く沖の方まで露出した岩礁が、裸や薄着の海の子で埋まり、貝やカニをとって一日を楽しく過ごしました。

なお、終了後、現地で勝田自衛隊のみごとな音楽のプレゼントがありました。

広告