いじめは0点、笑顔は満点。笑顔が増えればいじめは消える

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
生徒同士で意見交換や感想発表が行われました

平成26年2月4日(火)、中央公民館で第2回地域で支える生徒指導推進連絡協議会が開催され、ひたちなか市内の9中学校の生徒代表が「笑顔プロジェクト」の報告を行いました。

「笑顔プロジェクト」は、いじめを撲滅し、学校全体に笑顔があふれるようにと、ひたちなか市内の小中学校が行っている取り組みです。

この日は、各中学校区の地域や学校の代表者へのプロジェクトの事例報告や中学生同士の活発な意見交流が行われました。

参加した生徒は、「他の学校が行っている素晴らしい活動を取り入れていきたい。これからも互いに意見を交換しながら活動をしていきたい。」と感想を述べていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ポスターセッション形式で報告が行われました

※地域で支える生徒指導推進連絡協議会は、ひたちなか市教育の日憲章事業の一環として、学校、家庭、地域社会、関係機関等と連携を密にしながら、生徒指導関係の各種事業を実施し、生徒指導の一層の充実、推進を図ることを目的に平成13年に設置。

主な事業は次のとおりです。

  • 推進母体となる組織づくり
  • 校内の生徒指導体制の充実と教職員の資質の向上、学校間の連携
  • 学校、保護者、関係機関、団体間の協議、情報交換等の実施
  • 保護者に対する理解啓発活動
広告