新成人の門出~夢、希望、感謝~

「私たちを支えてくれた方々に感謝し、大きな夢と希望を抱いて進んでいきたい」と新成人の決意を述べた金澤友也実行委員長

ひたちなか市成人の集い」が平成31年1月13日に文化会館で開催されました。今年度、成人を迎えたのは1,682人。

新成人代表の実行委員19人が企画・運営した式典では、祝辞や、新成人も参加した吹奏楽演奏、恩師からのビデオレターなどが行われました。

 

広告

消防・防災への士気高める

消防団と特設自衛消防隊による一斉放水

ひたちなか市消防出初式を平成31年1月13日、新光町46番多目的広場で開催しました。

式には、消防団や自主防災会、企業の消防隊など約1,100人が参加し、パレードや幼児演技、一斉放水などを披露。新春にあたり、地域防災体制の向上を図るとともに、消防・防災への士気を高めました。

煙の怖さ体感 田彦中で避難訓練

火災における煙の恐ろしさを知り、避難の方法を学んでもらおうと、平成31年1月8日、田彦中学校で避難訓練が行われました。

訓練は、理科室で火災が発生したとの想定で実施され、全校生徒約430人が各教室から校庭へと避難しました。

今回は笹野消防署と協力し、初めて校舎内の廊下に煙を充満させて訓練を行いました。また、煙を感知して防火扉が閉まったことも想定。生徒たちは、ハンカチで口と鼻を押さえ、姿勢を低くしながら、扉の外へ次々と避難していきました。

消防署の職員による講評

栗原裕一校長は「生徒たちは、煙の怖さを身をもって学ぶことができたと思う。この経験を糧に、有事の際には慌てずに命を守る行動をとってもらいたい。」と話していました。

保幼小連携研修会を開催

ひたちなか市教育委員会は、本市における幼児教育施設と小学校との滑らかな接続や保幼小連携の推進を目的に、平成30年12月25日、第2回保幼小連携研修会を開催しました。

研修会には、市内のすべての保育所(園)および幼稚園の代表者や保育士、小学校の担当教諭、中学校の代表者総勢72名が出席。
野沢恵子教育長による主催者あいさつの後、市幼児教育アドバイザー等による本市におけるこれまでの保幼小接続の取組や、現状と課題について報告が行われました。

保幼小連携研修会1

その後、出席者全員が参加して中学校区ごとにグループ討議が行われ、それぞれの保幼小連携の方向性の確認や情報交換を実施し、活発な意見交換がなされました。

保幼小連携研修会2

那珂湊中 日本PTA全国協議会会長表彰を受賞

那珂湊中学校PTAは、長年にわたる活動の業績が認められ「日本PTA全国協議会 会長表彰」を受賞し、平成30年12月19日、前提PTA会長と市村校長が、野沢教育長を表敬訪問しました。

野沢恵子教育長、前提茂和PTA会長、市村裕之校長

(公社)日本PTA全国協議会会長表彰は、PTA活動の資質向上と活性化を目的に、全国で顕著な業績をあげた団体等を表彰するものです。

那珂湊中PTAでは、通常のPTA活動のほか、毎年大盛況となる「もちつき会」など、生徒の心に残る催事を行っています。また、地域の夏祭りへの参加など、地域一体となった活動にも尽力しています。
広報紙の制作にも力を入れていて、今年度の「全国小・中学校PTA広報紙コンクール」では、奨励賞を受賞しました。

前提茂和PTA会長は「滅多に頂くことのできない賞を受賞でき光栄。今後も、子どもたちに楽しんでもらえる催しなどを考えていきたい。」と話していました。

JICAボランティアが市長表敬訪問

激励した大谷市長と櫛田さん(写真右)

JICAボランティアとして、タイに派遣される櫛田楓さんが平成30年12月20日、大谷明市長を表敬訪問しました。

櫛田さんは、平成31年1月から現地のランシット科学教育センターに2年間派遣され、環境・自然科学分野で活躍できる人材を育成するため、主に小中学生を対象に、身近な自然環境や環境問題に関する活動の企画や、カリキュラムの開発支援などを行います。

派遣にあたり櫛田さんは「タイに行くのは学生以来2度目です。またタイに行って勉強したいと思っていたので楽しみです」と抱負を語りました。

2019年の干支「イノシシ」の地上絵 ひたち海浜公園

国営ひたち海浜公園の大観覧車下に、来年の干支「イノシシ」の巨大な地上絵が展示されています。

大観覧車から撮影。今年のテーマは「最」。

イノシシ2頭を描いた地上絵は、縦22.2メートル・横43メートル。園内で収集した木材やコキア、松ぼっくりなどを使って、来園者とともに作り上げました。
大観覧車(1人600円)に乗ると、全体像を眺めることができます。

イノシシの毛並みは、乾燥させたコキアを使って表現

■展示期間 2019年1月6日(日)まで
■問合せ  国営ひたち海浜公園☎︎265-9001

ふぁみりこクリスマス会

サンタさんからのプレゼント

平成30年12月11日、子育て支援センターふぁみりこでクリスマス会が開催され、約100組の親子が参加しました。

大型絵本の読み聞かせや歌、ハンドベルの演奏などを楽しんだ後、ついにサンタさんが登場!サンタさんからのプレゼントをもらった子どもたちは大喜びでした。

 

フルート奏者・寺田愛さんが表敬訪問

ひたちなか市出身のフルート奏者・寺田愛さんが、自身のリサイタルを前に、平成30年12月11日、市役所を表敬訪問しました。

ドビュッシーの『シランクス』を披露

「フルートに一目惚れした」という寺田さんは、9歳からフルートを始め、2009年桐朋学園大学音楽部演奏学科卒業。同年に渡仏し、フランスを代表する音楽家の一人、パトリック・ガロワ氏に師事しました。
現在は東京や茨城で演奏活動を行い、ソロ・室内楽・オーケストラと幅広く活躍する寺田さん。年明けには、“夢の師弟共演”となるフルートリサイタルが開催されます。

「パトリック・ガロワ✖️寺田愛
 フルート・デュオ・リサイタル」ピアノ:瀬尾和紀
日時 1月14日(月・祝)14:00開演
場所 ひたちなか市文化会館
チケット 4,500円 当日5,000円、全席自由

人が集まるまちなか絵画コンクール表彰式

まちの賑わいをテーマとした、小学生による絵画コンクール「人が集まるまちなか絵画コンクール(主催:ひたちなかまちづくり株式会社)」の表彰式が、平成30年12月9日、表町パーキングTAMARIBAで開催されました。

今年のテーマは『たくさんの人で賑わうイベント・お祭り』
市内の小学校20校から、541点の応募がありました。

この日は、「第36回勝田TAMARIBA横丁」の開催に合わせて表彰式が行われ、入賞した児童たちに表彰状が手渡されました。

【コンクールの結果はこちら】

また、勝田TAMARIBA横丁では飲食の販売やステージショーなどが行われ、家族連れなど多くの人で賑わいました。

ひたちなか市のトピックスをお届けします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。