ひたちなか市プレミアム商品券45,500セット完売

地域経済の活性化を目的とした「ひたちなか市プレミアム商品券」が平成28年9月25日と26日に市内52カ所で販売され、両日とも即日完売となりました。1割お得な同商品券は、市内の約600店舗で平成28年12月31日まで利用できます。

商品券を購入した親子は、「毎年並んで購入しています。今年は、子どもの自転車を買いたいと思っています」と笑顔で話していました。

 

講談で聞く 楽しく面白い郷土の民話

神田真紅さんの身振り手振りを交えたテンポよく話される「華蔵院の猫」の物語に聞き入りました
神田真紅さんの身振り手振りを交えたテンポよい語り口に聞き入りました

郷土ゆかりの民話に親しみ、語りの面白さを体感してもらおうと「神田真紅 郷土史講談のつどい」が、平成28年9月24日、佐野図書館で開催されました。

同つどいでは、水戸市出身で講談師の神田真紅さんを招き、ひたちなか民話の「華蔵院の猫」を講談として披露。張り扇で釈台をリズミカルに叩きながら物語られる名調子の語りに、60人の参加者は引き込まれました。

講談を聞いた参加者たちは「生で聞くと臨場感があって、もっと聞きたくなりました」「講談は初めてでしたが、話の続きがどんどん気になって面白かったです」と話し、講談の楽しさに心が弾んでいました。

下水道促進週間コンクール入選作品を展示しています

下水道への理解と関心を深めてもらおうと実施した「平成28年度下水道促進週間コンクール」には、絵画・ポスター部門をはじめとする5部門に3,211点の応募がありました。

見事入選した作品を平成28年9月25日まで市役所本庁舎1階市民ホールで展示しています。近くにお立ち寄りの際には、ぜひご覧ください。

・展示場所はこちら

長寿を地域で祝い、みんなで楽しむ

平成28年9月18日、しあわせプラザで七町目自治会による「みんなで祝う敬老祝賀会」が開催されました。18回目を迎える同祝賀会は、地域の方が自由に参加することができ、敬老の対象となる方と一緒にアトラクションを楽しみ、会場を盛り上げます。

マジックショーや磯節保存会による唄・踊りの披露のほか、那珂湊中学校水戸工業高校による吹奏楽・ジャズの演奏が行われ、子どもからお年よりまで幅広い世代で長寿をお祝いしました。

敬老の対象で参加された方は「若い方たちの勢いある演奏が会場をひとつにしてくれて感動しました。また来年も参加したいです」と笑顔で話していました。

さまざまなアトラクションが行われ、盛んな拍手が送られました
さまざまなアトラクションが行われ、盛んな拍手が送られました

「救急の日2016」開催

平成28年9月11日、ファッションクルーズニューポートひたちなかで「救急の日2016」が開催されました。

%ef%bc%92

ミニ救急講習会や防火衣着衣体験、住宅用火災報知器・煙体験コーナーなどが開催され、家族連れなど約2,000人が来場しました。来場者からは「病院の外のイベントで医療に接する機会が持てるのはすばらしい」「AEDの訓練ができて良かった」などの声が聞かれました。

同イベントは、ひたちなか・東海広域事務組合消防本部の救急医療週間の活動の一環として、ひたちなか東海救急医療対策協議会との共催により実施されました。

%e3%81%82
コスプレコーナーで気分は消防士!

%e7%85%99%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%91
煙体験コーナー
 

飛鳥Ⅱ 常陸那珂港区へ初寄港

平成28年9月10日、国内最大の豪華客船「飛鳥Ⅱ」が函館発横浜着の仙台・ひたちクルーズの中で常陸那珂港区へ初めて寄港しました。

乗船客を盛大に歓迎しようと、「飛鳥Ⅱ」茨城港常陸那珂港区おもてなし実行委員会により、茨城港常陸那珂港区中央埠頭でおもてなしイベントを開催されました。

歓迎式典からはじまったイベントは朝から夕方まで繰り広げられたステージイベント、大型建設機械の展示・撮影会、地元グルメや特産品を販売する観光物産フェアともりだくさんでした。
普段は入ることのできない埠頭でのイベントとあってたくさんの人が訪れ、常陸那珂港区を案内する港内クルーズやバスツアーは受付早々に満席となるほど好評でした。
飛鳥Ⅱから降りた多くの乗客もイベントを楽しみ、もてなす側ももてなされる側も楽しめる一日となりました。

仙台港から乗船してきた菅野さんご夫妻は、「きれいで大きな港で驚きました。歓迎ムードもいっぱいで、今日は常陸那珂港でゆっくりすごします。」と語っていました。

七色の勝利への架け橋〜勝田二中体育祭が開催〜

平成28年9月10日、勝田第二中学校 体育祭が開催されました。「Rainbow〜勝利への架け橋〜」というスローガンのもと、最高の体育祭にしようと夏休み前から生徒や教師が一体となって準備や練習を重ねてきました。

20160910_0735
団舞応援合戦
色ごとに分かれて応援ダンスを披露する団舞応援合戦では、振付やストーリーなど生徒たちで考え、団長や三年生を中心に見事チームを一つにまとめあげました。完成度の高い応援ダンスに、会場からは大きな拍手が送られました。

ご当地グルメ第6弾! 試食会が行われました

平成28年9月6日、生涯学習センターでご当地グルメ第6弾の試食会が行われました。

20160906_0149

ご当地グルメは、ひたちなか商工会議所がひたちなか市補助事業の一環として企画・開発されているもので、これまでに「ほっしぃ~も」や「ちちんぷりんぷりん」など、数々の美味しいご当地グルメを作り出してきました。

昨年誕生した第5弾「ちちんぷりんぷりん」は、地元推奨の「おれんじ玉子」やコーヒー、茨城県産のサツマイモを使い開発され、ひたちなか市内の菓子店や、市内イベントなどで販売されました。

さて、そんなひたちなかの魅力がたっぷりつまった「ご当地グルメ」第6弾は、果たしてどんな商品となるのでしょうか?

完成したご当地グルメ第6弾は11月5、6日に開催される産業交流フェアでデビューします。乞うご期待!

20160906_0164.jpg

【これまでのご当地グルメ】

  • 第1弾 勝つ!サンド
  • 第2弾 みなとの多幸(たこ)めし
  • 第3弾 ほっしぃ~も
  • 第4弾 イチゴダッペ
  • 第5弾 ちちんぷりんぷりん
  • 第6弾 ???

 

日立リヴァーレ佐藤あり紗選手、リオオリンピックから帰国。表敬訪問

リオオリンピックの女子バレーボールに日本代表メンバーとして出場した佐藤あり紗選手(日立リヴァーレ)が平成28年8月31日、ひたちなか市役所を表敬訪問しました。

佐藤あり紗選手は、日本代表が5位でオリンピックを終えたことを報告。メダル届かず、悔しさの残る結果に「また1年1年積み上げていきたい」と抱負を語りました。

20160831_0019
日本代表は予選を4位で突破し決勝トーナメント進出。準々決勝でアメリカに敗れ、リオオリンピックを5位で終えました。

 

食と漁の地域活性化シンポジウム開催

魚食普及推進ひたちなか市条例の制定を記念し、今後の「魚のおいしいまちひたちなかの地域未来づくり」について議論しようと、平成28年8月28日、「食と漁の地域活性化シンポジウム」がワークプラザ勝田で開催されました。

20160828_0441

同シンポジウム第1部では、クッキングスクールネモト主宰の根本悦子さんから今後の魚食推進の課題として”食選力”と”調理力”が課題としてあげられたほか、「若者と女性が担う魚食の地域未来づくり」をテーマに、漁業関係者をはじめとした魚食の未来を担う”若い力”によって行われたリレートークで、それぞれの活動の紹介や熱い思いが話されました。

またパネル討論では、司会を務めた二平章さん(茨城大学人文学部教授)が、「ひたちなか市のすべての子どもが海や魚と接する機会を作り、ボランティアの力を借りながら、子どもたちに魚と触れ合う経験をしてほしい」とまとめました。

20160828_0625
パネル討論の様子

第2部では、市内の料理人による絶品の魚料理が振る舞われました。「肉と同じくらい魚も好き。どれもおいしかった」「”はずれ”がない。タコがおいしい!」など、中学生や大学生といった若い参加者からも絶賛の言葉が聞かれました。

 

ひたちなか市のトピックスをお届けします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。